« マネー イズ ノット エブリシング | トップページ | リコール通知 »

2007/04/10

ライコネン、17500rpmだった?

スペインでの報道によると、マレーシアでライコネンは17500rpm制限で走ったというハナシがあるようです。 (マレーシアの前、フェラーリエンジン交換か?というのは大きく取り上げられてました)。であれば、バーレーンではまたフェラーリがぶっちぎることでしょう。

エンジン交換して11位グリッドから追い上げても3位がいいところだったでしょうし、その追い上げに酷使したエンジンをバーレーンにも使わなくてはならない事を考えると、賢明な判断だったと思います。17500rpmでも3位は確実に取れるという自信があったという事なのでしょう。(事実であれば)。

ちなみに、マッサも17500rpmだったかどうかには触れていません。もしマッサが19000rpmまで使えたのであれば、そういう時にキッチリと勝たないと、チャンピオン争い参加権は回ってこないんだよ。

アロンソもライコネンもなんか口を濁したコメントをしている事が、このハナシの信憑性を高めているように思います。

|

« マネー イズ ノット エブリシング | トップページ | リコール通知 »

「レース」カテゴリの記事

「F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83895/14636764

この記事へのトラックバック一覧です: ライコネン、17500rpmだった?:

« マネー イズ ノット エブリシング | トップページ | リコール通知 »