« GP2 2007 | トップページ | リコール改修完了 »

2007/04/19

エンジンフリーズ大成功

今のところ成功していると言えるでしょう。ガチガチにがんじがらめで個性の出しようがないエンジン規定+ホモロゲ+レブリミット。今やエンジンはどこ製でも大きな問題では無いという状況になりつつあるし、従ってメーカーワークスであるかどうかという事の重要度、そしてバジェットの規模もファクターとしての地位を失いつつある様に見えます。

何より結果がそれを示しています。(?マークに込めたニュアンスも汲み取ってねー。)

トヨタ(ワークス)より速いウイリアムズ(プライベーター)、ホンダ(ワークス)より速いスーパーアグリ(プライベーター?)、ルノー(ワークス?)より速いレッドブル(プライベーター)。

プライベーター+そこそこのバジェットで「闘える」F1が戻ってきたのではないでしょうか。(ただし、というかだからこそ、F1チームは”コンストラクター”であるべし、という点だけは曲げて欲しくないんだけど)

過去を含め今のところフェラーリエンジンは例外だけど、トロロッソとスパイカーが浮上してくればもっと面白くなるでしょう。RB3が浮上し始めたのでSTR2にも可能性有、スパイカーもBに期待!

楽しみだなー。盛り上げてくれよ。

|

« GP2 2007 | トップページ | リコール改修完了 »

「レース」カテゴリの記事

「F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83895/14780565

この記事へのトラックバック一覧です: エンジンフリーズ大成功:

« GP2 2007 | トップページ | リコール改修完了 »