« 大量リコール時代 | トップページ | エビス名物 »

2007/03/30

燃費王

アイ・アール・アイ コマースアンドテクノロジーというところが運営している”e燃費”というのが、燃費アワードなるものを発表しました。e燃費自体はかなり前から始まっていて、何年にもなると思いますが、昨今の燃費への関心度の高まりをうけたのか、第一回アワードを発表し、存在を更にアピールすることにしたようです。

Enenpi ←その結果の1つがこちら。軽以外でのランキングです。

 

 

当然ながらハイブリッド2車種がトップ2です。しかし、カタログ燃費達成率が56%~60%辺りってのは、ハイブリッド車がいかにモード燃費に特化しているかを示していますね。ハイブリッドの実用燃費はカタログ値ほど良くは無いという事が証明されました。

ハイブリッド除外の1位はマーチ1.2L MT。次はフィット1.5L MT この辺りは達成率70%超となっています。やはりMTは燃費が良いですね。

ハイブリッド&MT除外のトップは意外にもティーダラティオ 1,5L CVT。燃費面ではトヨタやホンダがハイブリッドをテコに環境イメージを引っ張っていますが意外な伏兵と言えるでしょう。こちらは達成率80%と立派な数値です。

ただ、あえてティーダラティオと区別されていて、全く同じでもおかしくないティーダ(ハッチバック)が10位以内にいません。携帯電話からの入力によって成立しているe燃費ですから、ユーザー層から言えばラティオじゃないティーダの方がe燃費参加ユーザーは多いはずだと思います。

そうすると、ラティオのユーザーさんは、燃費に良いスムーズでゆったりした加速をする人が多いという事なのか?とも考えられます。同じエンジン+CVTのはずのノートやキューブがトップ10にいないというのもラティオの特異性を示していると言えるでしょう。

ただ、この結果はそれなりのサンプル数があっての事であるはずなので(e燃費登録者数は40万人ですから)、ニッサンのコンパクトカー達は、運転方法に注意してやればこの数値が出るはずであるとも言えます。

ウチのリコールK11君(1.0L MT)は18.6km/Lが最高値。シビックハイブリッドにちょっと負けです。

|

« 大量リコール時代 | トップページ | エビス名物 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「車」カテゴリの記事

コメント

エコラン自体は立派な行動だと思うのですが、極端で自分勝手な走り方を混雑した市街地でなさるサンデードライバーがいるんですよね。
時速30km/hで次の信号に合わせるのやめて欲しい。せめて大型トラック並に走ってほしいぞ。

なんにせよMTが上位なのはうれしいな。ってゆ~か、まだまだトルコンのロスが大きいってことかな。

投稿: suezo | 2007/03/31 06:14

ラティオのユーザーさんは「大人」が多いということも関係するのでしょうか?見習わねば。
アクセルコントロール修行中の桃でした。

投稿: 桃 | 2007/04/02 07:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83895/14462466

この記事へのトラックバック一覧です: 燃費王:

» フィット Fit(ホンダ) [クルマ選び口コミ情報サイト:ブログでbuu!]
「フィット Fit(ホンダ)」に関するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。《新車チェック/購入検討⇒ 》 *あ... [続きを読む]

受信: 2007/04/05 21:38

« 大量リコール時代 | トップページ | エビス名物 »