« 動画:FJ筑波テスト 1月31日 | トップページ | スカパー復帰 »

2007/02/03

FW29とマルコ

正式に公開され、事前情報どおり、LENOVOがついてました。それもサイドポッドとリアウイングにでっかく。タイトルスポンサーのAT&Tよりはるかに大きくどう見てもメインスポンサーです。でもチーム名はAT&T WILLIAMS (ちなみにF1を削除)。

というわけで、TATA vs LENOVOも10倍ぐらい差で中国の圧勝。チャイナGPで金曜日に中国人が乗るのはほぼ確実ですね。焦点は土日も続けて乗るかどうか、に移して良いかと。(しかしなあ~、ThinkPadにLenovoって書いてあってもピンと来ないんだけど)。

もうひとつの噂、レクサスは完全に消えました。そして、何枚かの写真を一生懸命に探してやっと見つかるような場所に小さーくTOYOTAのロゴが。まあ、探してみてください。探さないと見つからないような場所です。なるべく見えない場所を探して選んだとしか思えません。

この状態+「ナカジマを7回程度金曜日に走らせる」と明言、という事からエンジンが限りなく無償供給に近いという事が想像出来ます。ドライバーをセットで押し込むのが目的なので露出は少なくて良い、あるいは無くても良いというところかな。

http://www.f1technical.net/gallery/v/Williams/FW29/Launch/

それにしてもTDPはF1間近の日本人が沢山。対するホンダはサトウの後に続く日本人育成には余り興味が無い様子で、それらしい動きがありません。ヤマモトのGP2はおそらくホンダの支援を受けているとは思いますが、これも純粋な育成とはちょっと違った趣きです。

ホンダのプライオリティは日本人より、アメリカンヒーローに向かっている様子です。マーケティング的に考えれば、日本人は既に1人確保しているので充分、最大のマーケットであるアメリカに向かうのは当然の動きと言えます。

バリチェロの契約が切れる今年末に向けて、”アンドレッティ”の名前が取りざたされるようになるでしょう。まだ若いので、2008からのレギュラーは難しいかもしれませんが、逆に急がなくても良いと言えるでしょう。

なんにせよアメリカへのアピール度がスピードとは比較にならないくらい大きいのは確実です。(そういえばスコット君には未だ正式発表が無い)

|

« 動画:FJ筑波テスト 1月31日 | トップページ | スカパー復帰 »

「レース」カテゴリの記事

「F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83895/13776076

この記事へのトラックバック一覧です: FW29とマルコ:

« 動画:FJ筑波テスト 1月31日 | トップページ | スカパー復帰 »