« 3万キロと300セット | トップページ | ルノーR27 »

2007/01/13

世紀を超えて

今日は、2月のスケジュールの打ち合わせ等でガレージにでかけて来ました。それを含め用事自体は午前中に終わったのですが、監督から「今日、手は空いてる?」とのお言葉 with 素敵な笑顔。さて何が?と思いましたら、面白い乗りものが登場しました。

Dcf_0021_1 

 

 

大型カートと呼ぶべきかか、ミニミジェットと呼ぶべきか?タイヤの直径は25cmくらい、エンジンはKAWASAKI製150CC 2ストローク(まず間違いなくバイクからの転用でしょう)。前後サスペンション、4点式シートベルト付きなので、どっちかといえばミニミジェット寄りですね。

何故笑顔だったか?それはこのクルマが7年ほど放置されていたものだ、という事に起因します。とりあえず車庫から出し、エンジンが一応はかかる事を確認、固着して動かないアクセルとクラッチワイヤー、ひび割れた水ホース(水冷です)、カチコチでパキっと割れた燃料ホース、全てを交換・修理して走れる状態にするという楽しいお仕事があったからでした。

いや、マジで楽しかったですよ。加えて、作業が一通り終わったら、当然試走もしなくてはいけません。私がお世話になっているオートルックには、裏庭にダートオーバルがあります。(これは昨年も同じ事を書いたな)。そこでちょっとばかりテストをば。

これは大変面白い乗り物です。しかも、2ストバイク特有の低速トルク補強装置が一応は付いているのに、パワーバンドに入った時の凶暴さったらもう、そして外した時の、”もおっ”とした加速。こんな感覚は、遠い昔MVXというマイナーな2ストバイクに乗っていた頃以来の、久々のものでした。

作業が残ったので、明日も出動します。今日はノーヘルだったけど明日はシューズとメットも持参!とは言っても他にも整備しなくてはならない乗り物があるようなので、そっちが先ですが。

という事で、「最後に動かしたのいつですか?」、「1999年の~・・・」というこのタイ製バギーは世紀を越えて蘇ったのでした、なお、こいつの動いているところは来週末のイベントで撮影予定ですので、追ってアップします。

|

« 3万キロと300セット | トップページ | ルノーR27 »

ミジェット」カテゴリの記事

「レース」カテゴリの記事

コメント

なつかしーーーーーーーーーーー
わしらのホームグラウンドのプラザ阪下にあったーーーー
むっちゃおもろかったのに突然なくなったねー

投稿: KABUN | 2007/01/13 23:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83895/13480366

この記事へのトラックバック一覧です: 世紀を超えて:

« 3万キロと300セット | トップページ | ルノーR27 »