« オリバー・ジャービス | トップページ | 動画:FJテスト@筑波 1月7日 »

2007/01/09

軽自動車

日刊工業新聞の記事に出ていましたが、その数字に少し驚いたのでちょいと書いてみます。驚いたのは、その会社の販売台数に占める軽自動車の比率です。当然ながら軽主体のスズキとかダイハツ、軽を売ってないトヨタは除外ですが、ミツビシ、ホンダ、そしてニッサンの数値の高い事ったらもう。

その3社の2006年の販売全台数に占める軽自動車の比率はこの通り。

  ミツビシ:70%

  ホンダ :40%

  ニッサン:18%

残念ながらスズキやダイハツがどういう比率かはその記事に記載されていなかたのですが、ミツビシの軽比率7割って・・・。この数値だと、ミツビシはスズキやダイハツの仲間にグルーピングされるべきかも、とすら思ってしまいます。

そして、世界販売では台数も収益も好調なホンダも、日本では4割が軽。他の報道で、ホンダが軽の生産を委託している八千代工業の完全子会社化や、フクイ社長の「軽でも利益が出るようにする」(つまり今は儲かっていない)発言が報じられているのも、当然ですね。

そして、OEMで実質3車種しか用意していないニッサンでも18%。5台に1台は軽です。販売の2割弱をOEMに頼るってちょっと問題かも。しかし、OEMをやっていなかったらこの18%分を全部他社に持っていかれたという事でもあるので、経営判断としては正しかったという事なのでしょう。

何故軽がこんなに売れるのか、という問いに対するある軽自動車会社側の発言で、「コンパクトカーがだらしないだけですよ」というものがありました。はあー。

|

« オリバー・ジャービス | トップページ | 動画:FJテスト@筑波 1月7日 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「車」カテゴリの記事

コメント

三菱の比率がすごいですね。
逆に言えば、三菱の普通車は本当に悲惨なのですね。
いいエンジンを作っていたのに、不祥事以来・・・。
初代のミラージュに乗っていたのですが、それ以降は三菱を買ったことがありません。

投稿: nonbo | 2007/01/09 21:19

>菱の普通車は本当に悲惨なのですね

のようですね。自販連より毎月の登録車TOP30が発表されるのですが、そこにミツビシが入っていた記憶がありません。T、N、H 以外では、スイフト、デミオ、レガシイが時々入るくらいです。

ミツビシの登録車で買って損をしないのはエボくらいのものでしょう。乗りつぶすなら構いませんが、買い換える時の下取りを考えるとねぇ・・・。

この場合、残価設定(=下取り価格保障付き)のローンかリースにするのがユーザーとしての賢い選択になるでしょう。メーカーは無理して下取り価格を設定するので、市場価値がそれ以下になっても損はメーカーがかぶってくれます。

メーカー側からすると、残価(○年後の市場価値)に自信が無いと出来ない商法ですね。

投稿: 乗り物雑記 | 2007/01/09 22:58

ケーヨンの維持費の安さは反則的でしょ。
miniが壊れたら軽ワンボックス買うつもりなんですが、まだまだ乗れそうです。(92年式)

投稿: すえぞー | 2007/01/10 22:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83895/13404212

この記事へのトラックバック一覧です: 軽自動車:

« オリバー・ジャービス | トップページ | 動画:FJテスト@筑波 1月7日 »