« ルノーR27 | トップページ | スーティル、続報 »

2007/01/15

12月の販売データより

少し前に軽自動車比率の話題を書きましたが、その時はダイハツやスズキの軽比率が不明でした。自販連や軽自協データからそれらが分かったので、軽自動車を含めた日本の自動車市場ランキングと併せて見てみました。(前回はミツビシの軽比率が7割という事を書きました)

12月の自動車販売(軽+登録車合計)Top 5

                                           軽比率    05年12月年比
1位 トヨタ       10万6220台     --           6.7%減
2位 ホンダ       6万2578台     45%          1.5%減
3位 ダイハツ    4万7854台       98%        14.9%増
4位 スズキ       4万7671台       88%           6.2%減
5位 ニッサン    4万3461台       19%           3.0%減

トヨタの1位は軽無しでも磐石ですが、それでも05年比で減となってしまうのです。いかにクルマが売れていないか、そして軽にシフトしているかがここから見て取れます。不振と言われがちなニッサンですがトヨタより良い3.0%減に留まっています。これも軽のおかげなのでしょう。

そのニッサンが5位ってのもちょっと驚きですが、3位集団、と見ればここで3位か5位かは余り大きな事件でも無いかもしれません。とにかく軽が売れているという事ですね。

|

« ルノーR27 | トップページ | スーティル、続報 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「車」カテゴリの記事

コメント

軽自動車は、その規格自体がゆがみきってるので好かんのですが、あの維持費の安さは抗いがたい魅力だし…。

駐車違反の取締りで難儀してる運輸業界の救済処置で、貨物車専用のチケット式駐車スペースが繁華街付近に設けられるってニュースがありました。今度買うなら軽貨物のワンボックスにするつもりです。(貨物っても自転車積むくらいだけどw)

投稿: すえぞー | 2007/01/16 09:03

うちも2台所有のうち1台は軽です。実際、最近の軽は良く出来ているし、例の自動車暫定税を一般財源化へという動きに対する少しばかりの抵抗という意味も含め、とにかく維持費が安い。

登録車の自動車税を下げて、消費を拡大するのが良い政策だあ!

同じく暫定の揮発油税は、使途をCO2対策に使うという限定ならば下げなくても可としましょう。ただし消費税の2重課税は止めてくれってとこかな。

投稿: 乗り物雑記 | 2007/01/17 20:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83895/13506112

この記事へのトラックバック一覧です: 12月の販売データより:

« ルノーR27 | トップページ | スーティル、続報 »