« 新年初走行に備え | トップページ | オリバー・ジャービス »

2007/01/07

走り初めは一応無傷で

FJの07年走り初めをやってきました。とりあえずマシンは無事、出たタイムもまあ悪くはないレベルでした。が、じゃあ良いか、といえばそれ程でもなく、立ちふさがっている壁の高さを改めて実感して来ました。

課題の①は大分意識できるようになっては来ました。②は、どうしても悪い癖が出てしまい、たった1日で修正が出来るほど甘くはありませんでした。ただし、その状態を”悪い”と認識出来るようになったのは良い点です。

結果的に、今日は課題の前の当然の①にかなり重点を置く事になった1日でした。今までやってこなかった領域に入っていかなくてはならないので、こちらも1日やそこらですぐに修正出来るものではありません。②のほうは意識の問題で、こちらはクリアできました。この②を忘れない限り、年末の醜態の再々現は避けられます。

 

今日を終えて非常に悔しい事が2つあります。

  1. 新年の誓いにあった”外からそれが見て取れる”を目指したにも関わらず、「レーサーとしての”速さ”へのハングリーさが走りから見えてこない」と指摘をされた事。
  2. 走り終えて戻ってきたらしばし茫然とするくらいの集中をして走ろうという意気込みだったのに、走り終えても余力が残っていた事。

どちらもメンタルな問題で、姿勢を、また本気度を問われるものです。あえて言うならば、タイムで負けていてもそこだけは負けたくない、という類のものなので、それが不十分だったという事に精神的なダメージを受けています。

まあ、「今年は容赦無くいくからね。」という言葉を頂いており、かつそれは望む所なので、その通りになっているという事です。いちいち凹んでいられないので、とにかく次にまた頑張ります。

|

« 新年初走行に備え | トップページ | オリバー・ジャービス »

「レース」カテゴリの記事

「FJ1600」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83895/13373481

この記事へのトラックバック一覧です: 走り初めは一応無傷で:

« 新年初走行に備え | トップページ | オリバー・ジャービス »