« タン・ホー・ピン | トップページ | 動画:やってはいけないこと »

2006/12/28

FCJのスカラシップ

気が付いたら、FCJのスカラシップが発表されていました。FCJが何処につながる道なのかは発足当初から気になっていた部分ですので、ちょいと取り上げてみます。スカラシップは3名で、協賛会社であるトヨタ、ホンダ、ニッサン各1名という事のようです。

FCJもしくはJRPとしてのスカラシップがあるものだと思っていたのですが、そういう事では無いようです。今回はその3名が発表になりましたが、2007年に何に乗れるのかは未決定との事です。

個々に見てみましょう。先ずはトヨタ。これは論議の必要なしでFCJシリーズチャンピオンの関口雄飛(18歳)

TDP4名、FTRS5名の中から選考されたのでしょうけど、シリーズチャンピオンなので順当なところです。しかし、トヨタから約束されたのはトヨタ・スカラシップ・オーディションへの参加権のみ。これで最優秀を取る事がスカラシップの条件。と厳しいものです。

次にホンダ、中山友貴(19歳)。ランキングは4位ながら、3位の安田 裕信を抜いて、SRS-F3台、FD1台のホンダ系選手の中での最上位かと思われます。

最後にニッサン、山本龍司(18歳)。こちらはランキング2位と選ばれる事に異議はありませんが、ここもNISSAN DDPチームからの選出。

 

それにしても、全員10代です。この年齢までにここまで来ないと将来が厳しいという現実を如実に示しているのでしょうか。ランキング3位が選ばれないとは、23歳はもう年寄りという事なのか?既にGT300に乗っているので不要という事か?

もしホンダが3位を飛ばして4位のドライバーを選んだという事が自社系チームだという理由だとした場合、極論ですがFCJにこの3メーカー系以外から参戦を果たしてもチャンスは無いに等しいという事になってしまいます。そりゃねえだろー。

しかし、理由が年齢だとしても、厳しい事実である事に変わりはありません。10代で3メーカー系チームのシートを得たもの「だけ」にチャンスがあるのでしょうか。そうでない事を願いたいです。

|

« タン・ホー・ピン | トップページ | 動画:やってはいけないこと »

「その他レース」カテゴリの記事

「レース」カテゴリの記事

コメント

安田はもう日産系ドライバーですからねぇ。

投稿: | 2006/12/28 19:39

僕が聞いた限りでは、メーカー系チーム以外にはチャンスはないですよ。
さらに、メーカーと関係のないドライバーもチャンスはないですね。
話かわりますが、今のFJはコーナー出口で半クラ使いますか?
僕のころは上手く使ってる人が速かったですが。

投稿: | 2007/01/11 14:26

半クラは今でも健在ですよ。いつどこでどのくらい使うかは個人差がありますけど。

投稿: 乗り物雑記 | 2007/01/11 19:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83895/13241313

この記事へのトラックバック一覧です: FCJのスカラシップ:

« タン・ホー・ピン | トップページ | 動画:やってはいけないこと »