« そもそも | トップページ | さあて »

2006/11/01

順調だが・・・

FJ1600筑波最終戦に向けてのステップ3、筑波テスト(水曜)が終わりました。後は、土曜日の最終プラクティス、そして本番を残すのみです。ミジェットで流れを変える事には成功し、ここまでは順調!恐いくらいに。今日も良い天気に恵まれ、充実したテストを進める事が出来ました。

もちろん、まだまだ課題は沢山残っており道半ばもいいところだし、先ずは週末に結果を出してみろ、というハナシです。ただ、現時点で向かっている方向が正しく、その先にあるものとそれを支える土台が出来てきたかな?と思える状態にはなりました。

”?”マークが取れないのは、一度そこへ到達したぞ!と思っていたら実際はそうではなく、そこから悪い流れが始まりどん底を見た記憶がまだ新しいから。そして悪い子を完全に退治しきっていないところもちょっと今日の3セッション目で出してしまいました。どうやら薄~く、オイルが出ていたようですが、コンディションの変化に正しく対応しきっていませんでした。

さて、今日良かった事から行きましょう。

①FJという乗り物を始めて複数年、過去最高の自己ベスト(P-LAPⅡは今日も封印なので、外からの手動計測)が出た。

②まだ課題が沢山有る。即ち、もっと行ける先がある。それが今の延長線上にある。

③まかり間違えば本番でそのトラブルが出て、むなしくDNFとなる可能性のある、かなりヤバいトラブルが今日出た。

悪かった事へ行く前に、トラブルのハナシを少し。それは、2セッション目の終盤起こりました。1コーナー突っ込みでスピンしました。それ自体はいいのです。攻めなければスピンしないし、それくらい攻めないと走ってる意味無いし。

そういうスピンは、コース内に留まるスピンになります。この時も、コース内に残って止まれたので、エンジンが止まっていない事を確認して、ギアを入れ、さっさと動き出そうとしました。そこで止まっている事は、他の走行車に迷惑であるし、まかり間違えば突っ込まれてクラッシュになるので。

ところが、ギアはキチンと入った感触があるのに駆動が無い、という状態になりました。ギアを入れ、クラッチを離しアクセルを踏んでも空しくエンジンが吹けるばかりでクルマが前に進まなかったのです。

とにかくその場を離れないといけないので、1コーナーから先が下りであるのを利用してのろのろと移動、1ヘアのところで安全な場所に退避してクルマを降りました。その時は、ここまで来ていい流れがこれでおしゃかか?と思いかなり落ち込みました。

幸い赤旗の原因にはならず、そして時間的にすぐチェッカーが出たので、手押しで無事にパドックへ退避。すぐに監督・コーチに見てもらい、原因がドラシャである事がすぐに分かりました。疲労による破断です。重症ではありませんでした。

「1時間で出来ますか?」、「次は1時間後?じゃあガレージだ」、「牽引お願いします」という事で速攻でガレージに戻り、ものの30分で交換完了し、レディトゥゴー。ここは完璧なプロの仕事を見せて頂きました。

とにかく、このトラブルが今日出た事が本当に良かった事です。そうそう頻繁には出ないけど、一定の頻度で出るとの事でした。予兆らしきものは全く無く、最悪ケースでは決勝で赤ランプ点いた、消えた、GO、でその瞬間に出た可能性すらあるのです。ひえ~。

悪かった事は良かった事の裏返しです。出来なかった事が沢山あり、まだまだ狙っているところへ行けるようなところへ到達出来ていません。本当にこれが定着してその延長線上を狙っていくルートから外れていないか、今後のテスト、そして例えば他のサーキットへ行った時に化けの皮がはがれないかどうか・・・

ともあれ、先ずはこの週末です。切れかけた流れも持ち直したので、これを結果に残さなければいけないし、なんとしても残したい!と思います。

|

« そもそも | トップページ | さあて »

「レース」カテゴリの記事

「FJ1600」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83895/12519236

この記事へのトラックバック一覧です: 順調だが・・・:

« そもそも | トップページ | さあて »