« S 失格 | トップページ | おっといけね »

2006/10/01

決定的なシーン

>明日朝

と思ったら、AS-webに速報が。日曜深夜まで残業ご苦労様です。

中国GPは中々楽しめました。アロンソの謎の失速が本当にタイヤ交換をした為なのかはどうも納得がいきません。見た目には動き、特に立ち上がり加速がおかしかったように見えました。まあ、何かあったならそのうち明らかになるでしょう。

たとえあれがタイヤだったとしても、ピットで失った数秒分でアロンソは勝っていた可能性があるので、なんにせよルノーチームの負け。フィジケラも途中ちょっとだけ格好良かったけど、最後はやはり落ち着くところに収まってしまい残念。(応援してるんだよ~!)

今日のハイライトは、Mシューがアロンソを抜いたあのシーンですが、TVでリプレイしていた部分の一個前に、決定的なMシューの動きがありました。あそこからリプレイしなくちゃ意味ないじゃん!と思いつつ、今日はたまたま録画視聴だったので巻き戻して確認出来ました。

丁度Mシューオンボード映像でした。アロンソに追いついた右コーナーのクリップ手前でMシューがポンっとマシンを左に振ったのです。あれこそが、リプレイで映った立ち上がり加速でイン側にマシンを入れて追い抜く為の動きです。フロント苦しそうだな、立ち上がりツラそうだな、という場合に有効な戦法だと言えますね。

ちょっとお尻振って、それを修正したときもクルマの挙動的には似たようなもの(全然違うんですが、外見には)となります。が今回のはそれでは無いと思われます。

(フォーミュラの場合、外から見てテールが出たりカウンターが当たるところにいく前に修正するので、見た目にはフロントからピクっと半車幅くらい動いたように見えるんですよ。TVを見ていてもそこが分かっていない放送陣が多く、フロントから膨らんだとか、縁石に引っ掛けたとか、とんちんかんな実況・解説が散見されます。)

ハナシがズレたので元に戻して・・・あよっこいしょっと。

なぜあれを、自分からアウトに振ったと言えるのか、というところを書こうかな、とハナシを戻しましたが、企業秘密にしておきます。ただ、私の筑波テストを、1ヘアでを見ればバレるでしょう。ヒントは、一般スポーツ走行じゃないと”それ”は出難いという辺りにあります。

|

« S 失格 | トップページ | おっといけね »

「レース」カテゴリの記事

「F1」カテゴリの記事

コメント

>決定的なMシューの動きがありました。

あのオンボード映像を見て「おやっ!?」と思った私に「及第点」をください。とんちんかんな実況・解説よりはマシか?と自画自賛中。
あのMシューの動きはニコがクルサードを抜いたとき以来の面白さでした(個人的意見)。

投稿: 桃 | 2006/10/02 08:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83895/12117497

この記事へのトラックバック一覧です: 決定的なシーン:

« S 失格 | トップページ | おっといけね »