« ふうう | トップページ | ちょっと整理 »

2006/09/11

プロテスト

誰もがフェラーリの”ブレーキダクト”問題の事を忘れ去ってしまっているようですが、何か答えが出ていて私がそれに出会ってないだけであるならば、どうか教えて下さいませ。よろしくお願い致します。

ところで、ルノーから、それとは別のプロテストが提出されたそうです。英語でFileと書いてありますので、公式に提訴したという事ですね。FeedMeF1より。

-----

アロンソのペナルティーが通告された24時間後、ルノーはフェラーリのタイヤに対するプロテストを発行した。プレスがシューマッハーの引退で大騒ぎしていたので、それは誰にも気づかれずに通過した。チェッカーが出てから1時間後の事である。プロテストの対象はフェラーリのタイヤ。

ラ・ガゼッタ・デル・スポルト、及びスペインの”AS”よいう新聞の伝えるところによると、ルノーとミシュランのチーフによって、ブリヂストンのメカニックが、違法なケミカルをフェラーリのタイヤにスプレーしているところの証拠写真を提出したとの事である。

そういったケミカルはタイヤグリップを向上させるものである。

ルノー・ミシュラン側の主張は、それが違法なケミカルである事は、そのメカニックがスペシャルマスクとグローブを含む防護装備を身に着けていた事により証明される、という事であるが、FIAのオフィシャルは、それに対するフェラーリの”説明”に満足した、とされている。

問題のタイヤには、更に詳しい分析にかけられる可能性があり、それによって更に”理解”が深まる事であろう。

ジャン・トッドは、ルノーに対し「多くの方面で彼らは優秀だが、これに関しては、私は彼らは弱いと言わざるを得ないね」と語った。

-------

な~んだ、却下済み?

|

« ふうう | トップページ | ちょっと整理 »

「レース」カテゴリの記事

「F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83895/11858077

この記事へのトラックバック一覧です: プロテスト:

« ふうう | トップページ | ちょっと整理 »