« シェイクダウン前日 | トップページ | 例のヤツ »

2006/09/03

オスカー初走行

Dcf_0008_7Dcf_0007_4    

   

   

先週お約束したとおり、新しい相棒の写真を掲載します。とりあえず、このクルマで年内の残りレースを走ります。昨日は、フォーミュラの走行枠が2コマしかなかったのですが、慣れるのに神経を使ったのか、へとへとになりました。

”オスカーは狭い”は関係者であれば誰でも知っている常識のようですが、本当に狭かったです。何とか慣れてきましたが、帰りにマイカーを運転して帰る時、嫁さんのシートポジションに先ず座るのですが、そのままシートを下げずに運転する、という感じが近い感覚でした。

昨日も路面コンディションは暑さによってベストではなく、コーチ曰く「まあ今日のコンディションであれば、ポールは1秒フラットかちょっと切るか、そのくらいでしょう」との事。私のプライオリティは先ず新しいクルマに慣れる事ですが、パっと来てポンと乗ってそれなりのタイムを出す、という事は重要な事なので、ターゲットは何とか1秒台に入れる事、としました。

1コマ目。最初は慎重に入り、少しづつペースアップ。エンジンは快調、ミッションもカチっとしてて良いフィールです。路面が路面なので、あちこちでスライドするはスピンするは、で苦労しました。とりあえずFV95との違いを確認しながら周回を重ね、ベスト2秒2で終わりました。

2コマ目、アウトラップ後の1周目で2秒台に入り、その勢いでターゲットの1秒台が出ました。ここで一応の目標達成です。その勢いで更に頑張って行ったのですが、頑張り方がちょっと間違った方向であったので、最後の最後にクラッシュしてしまいました。

家に帰ってビデオを見たら、なんと”おつり”でのスピンアウト。”おつり”をくらったのなんて、記憶に無い位久しぶりです。しかも、直後にはその自覚無し。滑ったテールをカウンターで止めて、止まったところで立ち上がりの加速に移った時に再度ブレイクしたと思い込んでましたので、ビデオを見て驚きました。

ビデオを見ると、その数周前からやってはいけない危ない、そして基本が分かっていない走りをしていました。その兆候をキチンと捕まえて修正をしなくてはいけないのですが、それが出来ていなかったという事です。ちょっと高くつきましたが、いい勉強になりました。やはり、勉強には代償が必要という事かもしれません。

ともあれ、長い反省会の後、「初めて乗ったクルマで1秒出したしね」、という事で評価して頂けましたので、クルマを用意して頂いた事についてやるべき事は何とか出来たかな、というところです。10月のレースに向けてもう1段の進化を目指します。

|

« シェイクダウン前日 | トップページ | 例のヤツ »

「レース」カテゴリの記事

「FJ1600」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83895/11739076

この記事へのトラックバック一覧です: オスカー初走行:

« シェイクダウン前日 | トップページ | 例のヤツ »