« 2倍にて15億円なり | トップページ | 点火系効果なし、次の手は »

2006/08/05

どこが景気回復や

先日発表された7月の乗用車販売(除軽)では、7月としては32年ぶりの低水準だとの事です。05年7月比でも9%減という大不振。景気が回復してるって大嘘じゃないの?と思わざるを得ません。

そんな中、トヨタは前年比3.4%減、ニッサンは20.8%減、ホンダも22.8%減となっています。トヨタはもの凄い値引きで売り支えているらしいので、周りが割り食ってるようです。トヨタでも構わないという人にとってはチャンスかもしれません。その際は、他社と競合させるのを忘れずに。

販売トップ30を見ると、トップ10にはニッサンはセレナ1車種のみ。セレナ久しぶりにステップワゴンに大差で勝利です。トップ20で見ればニッサンは5車種で、まあそんなには悪くないか、と。ホンダはトップ10に2車種入れたものの、11~20位にはゼロ。29位に滑り込んだストリームがどこまで上がってくるのか注目です。

|

« 2倍にて15億円なり | トップページ | 点火系効果なし、次の手は »

「ニュース」カテゴリの記事

「車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83895/11274830

この記事へのトラックバック一覧です: どこが景気回復や:

» 日本郵政公社 不正処理多発、またまた1億円横領局長に逮捕状事件ニュース [IRIMALL's Satellite at cocolog]
(今日のニュース 6.22 から) 氷山の一角 ① 大阪府和泉 伯太西郵便局 2 [続きを読む]

受信: 2006/08/05 17:13

« 2倍にて15億円なり | トップページ | 点火系効果なし、次の手は »