« 工具を忘れても ・ ・ | トップページ | モントーヤ!! »

2006/07/10

結局雨だが、それもよし

昨日は、久しぶりのTRM東コーステストでした。天気予報は見事に当たり、雨交じりの中途半端な天気でした。東ピットだけでは分からないので、一通りあちこち見て回って出した結論はスリックタイヤ選択でした。少々濡れてはいましたが、ライン上は路面の色も薄くなっていたので、これは当然の選択でしょう、と思っていました。

しかし、セッション1では驚いた事に私以外のFJは全車レインで出てきました。「ええ?この路面でレイン使っちゃうの?だってあっちのほうは薄く白いよ?」と思いつつ、走行開始。後で聞きましたが、14号車(ZAPのエースさんと後でチームの人から聞きました)はアウトラップ1周しただけでピットに入ってきてスリックに変えたとの事。

そうは言っても濡れた路面ですから、最初は慎重にタイヤを暖めながら走行です。東コース特有のショートカットを、「えっと~どこ走るんだっけ?」と思いながら走っていたら、いいタイミングでその14号車に抜かれました。その後ろでショートカットを走ったら、「おお、そうそう、ここ走るんだよ」と記憶が蘇りました。「サンキュー!」です。この後はきっちり踏んで立ち上がる事が出来るようになりました。

もう1つ良かったのは90度が怖くなくなった事です。過去数回のTRMでは、とにかくここが鬼門でした。何より恐怖心に負けてブレーキを踏んでしまうのが悔しくてしょうがなかったのですが、もうOKです。これだけでも、行った甲斐がありました。

セッション2はなんと赤旗3回。こっちはスリックなのでタイヤを暖めながら慎重に入り、さあいくぞ、と思ったら赤、の繰り返しで終わってしまいました。

雨が強くなってきたセッション3、ここまできたらスリックで通してやる、とレインは使いませんでした。実際、出だしの時点では微妙だったのです。しかし、走り始めたら雨が強まってきて、さすがにレインタイヤを履いているクルマには大きく負けていました。

しかし、レインの中スリックで走るというのが非常に良い練習になっていたので、そのまま続行しました。走行後に監督から「危なかったね~」と言われた、トリプルアクセルくらいはそたぞ、という派手なスピンをやらかしましたが、何とかコース上に留まれ無傷で終われました。今回は掃除機君は出番無し。

これも後で聞いたところ、14号車もスリックで走り続けていたとの事。タイムまで教えてもらっちゃいましたが、「おお勝ってるぞ」。という事で気分良く走行を終了し、なまじ晴れるよりはるかに多くの成果を持って帰る事が出来たと思います。いい練習でした。

シフトに問題がある事にも気付きました。「それはマズいね」という事で、そこは修正が必要です。これも成果の1つと言えるでしょう。いろいろ画策が必要でしたが、行って良かったです。

次は7月27日(木)筑波を予定しています。上記とは別に大きな課題が残っているので、そろそろなんとかしてレースに間に合わせたいと思います。

|

« 工具を忘れても ・ ・ | トップページ | モントーヤ!! »

「レース」カテゴリの記事

「FJ1600」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83895/10864974

この記事へのトラックバック一覧です: 結局雨だが、それもよし:

« 工具を忘れても ・ ・ | トップページ | モントーヤ!! »