« ふむ、それはありかも | トップページ | ありそうな話だが »

2006/07/27

やってもうた

さて、念願のドライ走行でした。課題解決の糸口もみつかり、エンジンも数度の調整を経てかなり調子が好調になり、かなりいい手応えが来てました。しかし、好事魔多しとはこの事でしょう。やってしまいました。昨日書いた結果予測のその「2.」を。監督曰く

「かなりダサいクラッシュだからね」

と念を押されました。まったくその通りで、避けられたはずのクラッシュであったと言えます。あえて言うなら、”そんな事も出来ていなかった”と学習した事をもって成果とせざるを得ません。不可欠な基本です。それは高価な代償をともなうものとなりました。

Dcf_0002_8

 

アームだけでは済まず、ドラシャもやばいし、どうやらフレームまで影響が及んでいそうです。ま、悔やんでも仕方が無いし、理解したので2度と同じ失敗はしません。それをもってよしとしましょう。クルマは直ります。その点においては全く心配はいりません。

|

« ふむ、それはありかも | トップページ | ありそうな話だが »

「レース」カテゴリの記事

「FJ1600」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83895/11119848

この記事へのトラックバック一覧です: やってもうた:

« ふむ、それはありかも | トップページ | ありそうな話だが »