« アウディ勝利の意味 | トップページ | 実に正しい »

2006/06/20

究極の足グルマ

諸般の事情により急遽シルビアの売却を検討しています。そもそも通勤専用にはいささか贅沢と言えるシルビアです。燃費が13km/L出るとはいえ、ハイオクを要求し、タイヤの減りも早く、高価なスポーツタイヤが必要で、自動車税、重量税まで含めてを考えると維持費は決して安くありません。(その税金の使途が不透明なので、単純にそこが気に食わないというのも一部あります)。

そこで、究極の足グルマへ一気に移行するか、という事を考えたのでした。そのクルマは極限まで切り詰めた前後オーバーハング+運転席下におかれたミッドシップエンジン+後輪駆動、というスポーツカーも顔負けのスペックを誇ります。

加えて、税金面で不公平なくらいの優遇措置を受けられるクルマ、それは軽のバンです。こいつなら自動車税はシルビアの10分の1になる上、所詮通勤なら動きゃいいだろ、という最低用件は満たすだろうし、いざとなればかなりの荷物を運搬する事も出来てしまう、という事を考えたわけです。

しかし、ともあれ乗ってみない事にはどんなものか分かりません。というわけでいくつかのディーラーさんに電話をし、丁度良い試乗車がある某メーカーの軽バンを試乗させてもらって来ました。

試乗した感想をプラスとマイナスに分けて整理してみます。

プラス

  • 意外と質感はまともで、まあ許容出来る範囲であった。造りはまとも。
  • マニュアル車が設定されている。(最近は商用車もAT化が進んでますから)
  • 50~60km/hくらいまでなら許容出来る動力性能であり街乗りならOK
  • 背高なのでグラグラするかと思いきや意外と足回りはしっかりしている
  • 荷室はかなり広く大きい。リアシートを畳むと、軽とは思えない広大な空間が生まれる。

マイナス

  • 新車で買うとなると100万円は軽くオーバーする上、軽商用車となると値引き余地も殆ど無いに等しい。(この手は中古車もあまり無い)。
  • 80km/hくらいが実用的に使える最高速上限。そこですらかなり室内には轟音が充満し、アクセルは全開に近い。
  • よって100km/hで巡航しようと思ったら5速全開になりそう。となると、燃費が悪化し660ccの動力性能で我慢するメリットが薄れる可能性が高い。
  • リアシートは人が座る事を全く考慮していない造り。まあ一応椅子がついてるぞ、というだけ以上ではない。(まあこれは当然)

てな感じです。

通勤専用とはいえ、その通勤路は2車線化の工事が完了した後、普通の流れが高速道路並みとなっており、上記の性能ではちょっと厳しそうだぞ、という事が分かりました。やはり試乗は重要です。作戦も要再検討となりました。

う~ん悩ましい。一応プランBはあるんだけど。

|

« アウディ勝利の意味 | トップページ | 実に正しい »

「マイカー」カテゴリの記事

「車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83895/10612654

この記事へのトラックバック一覧です: 究極の足グルマ:

« アウディ勝利の意味 | トップページ | 実に正しい »