« バージョンアップその1 | トップページ | アロンソが磐石 »

2006/06/25

ミツビシ・アイ試乗

Mitsubishi 久しぶりの試乗記です。たまたま通りがかったミツビシディーラーに、「試乗車」とでっかくドアに貼ってある「i」が置いてあったのを見つけ、通り過ぎていたのをUターンして引き返して試乗して来ました。

写真は、今日までだった試乗キャンペーンの景品です。6種類の中から妻が選んだのがこれでした。アンケートを書いてきたので、とりあえずフェアの人数目標をクリアする位には貢献したことでしょう。

さて、肝心の「i」ですが、こんな感じでした。

  • 造りがしっかりしていて、内外装の質感も値段相応に良い。(以前書いた通り、値段は高いです)。
  • リアシートもそれなりの厚みがあり、わりとちゃんと座れる。
  • 下にエンジンがあり、更に厚さ50mm以上ある遮音材の上におかれたラゲッジの床面は流石に高く、4人乗ったらラゲッジスペースはちょっと狭い。
  • そのリアシートを倒すと丁度フラットフロアになるので、2名乗車ならばラゲッジスペースは充分。
  • 運転席に座ってみると、右肩方向、頭上は余裕があり広い。ただし、助手席の人との距離は近い(対K11マーチ)。
  • そこはやはり軽で、車幅をもう少し広げられると外観デザイン的にも良くなりGoodだと思いました。
  • 試乗後にショールームでアンケートに回答しながら椅子に座った高さの目線で見たらタイヤとホイールハウスの間が開きすぎて格好悪い事を発見しました。ホイールハウスの内側や、ストラットとバネまでも見えてしまうのはやはりNGでしょう。
  • ちなみにカタログの写真ではそうなっていません。撮影用に車高を落としてありるものと思われます。

そろそろ走りましょう。

  • たまたま、試乗車は4wd、それに私、妻、営業さんの大人3名乗車という事を考慮すれば動力性能はまあまあ悪くないレベルでした。ターボが効くのを少し待たなければいけませんが、まあOKでしょう。
  • その加速時の騒音も、それなりに抑えられていました。50mm超の遮音材が効いていたようです。
  • 運転席に座った目線では、頭のポジションから、ダッシュボードの前端、フロントガラスの付け根までの距離が遠く、角度的に、その前にかなり長いノーズがついているような錯覚をしそうでした。
  • 実際は、その位置でほぼストンと垂直に落ちているという理解でOKです。これはコーナーポールが欲しくなりそうだな~、と思い、「このデザインだと、コーナーポールは付かないですよね?」と聞いて見たら、「あります!そして結構売れています!」と力強いお返事でした。
  • 乗り心地はどっしり系で、長大なホイールベースのおかげで軽を超えた安定感でした。直進の安定性も良く、ターボパワーも含め長距離ツアラー向きと言えます。(軽にそれが必要か?という部分は置いといて、ですが)
  • その分、ステアリングレスポンス、ノーズの入り方は抑制が効いておりミッドシップの期待で行くとちょっと外れるでしょう。老若男女向け車としてはそんなセッティングは出来ないのでしょうけど。
  • レスポンスだけじゃなく、切り込んで曲がる際中もアンダー傾向を保ったままなので、曲がり、身のこなしを楽しむ車ではなさそうです。
  • 久しぶりにオートマ車に乗りましたが、変速ショックはそつなくまとまってました。

てなところです。

ここからは私の勝手な希望を並べますが、

  1. もう少し頭上を狭くしても良いからルーフを下げ、
  2. 車高も見た感じ30mm~50mmくらいそのまんまで下げられそうなので、それを加えて頂き、
  3. 出来ればMINI(BMW)のような曲がり方をするセットを出し、
  4. 50mmくらいずつ左右に拡幅し、
  5. 1000cc 100馬力くらいのNAエンジン+マニュアルシフト、

にしてくれるといい感じかな~、と。

   

最後に、営業さんが興味深い事を言ってましたのでそれを書いておきます。曰く、

「軽の世界の中でも、(「i」のような)高級・高価格系と、値段勝負の安い系との2極化が進んでいます」。

との事です。現在の日本市場では、軽と高級車が売れ(+ミニバン)、中間が売れない等いわゆる2極化が進んでいると言われていますが、その軽の中でも同じ構図が入れ子でフラクタルしてるのか、と感心した次第でした。

おまけ:自分も見ようとしましたが、考える事は皆同じようで、エンジンカバーのねじが最初から外したままにしてありました。

|

« バージョンアップその1 | トップページ | アロンソが磐石 »

「試乗記」カテゴリの記事

「車」カテゴリの記事

コメント

>6種類の中から妻が選んだのがこれでした。

ご当地キティ(四国のお遍路キティ、尾瀬の水芭蕉キティなど)よりも、メカニック・キティはレアだと思ったんだもーん。それに私は、筑波でこんな格好してるし。

投稿: 桃 | 2006/06/26 07:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83895/10676900

この記事へのトラックバック一覧です: ミツビシ・アイ試乗:

« バージョンアップその1 | トップページ | アロンソが磐石 »