« 乗り換えか? | トップページ | 究極の足グルマ »

2006/06/19

アウディ勝利の意味

日本での注目度は限りなく低かったのですが、ルマン24時間が粛々と進み、終わりました。見ごたえの無いサッカーを横目で見ながら、ルマン公式ライブタイミングを見ていました。ペスカローロはFモンタニー車が2位完走と頑張りましたが、アウディを追い立てるほどのスピードは無く、アウディがワン・スリーフィニッシュでした。

LMP1唯一のメーカーワークスなのだから、ディーゼルであろうとなかろうと勝って当たり前、という意味でインパクトはあまり大きくは無いでしょうが、ACOが今後ディーゼルをどのように扱うのかが興味深いです。そして目的を果たしたアウディは来年も走るのか?

過去、マツダはロータリーが有利に走れるワンチャンスに見事勝利を手にしました。ディーゼルエンジンが明らかに優位であるならば、何らかのハンディが課せられる可能性が高いと考えておくべきでしょう。でなければ、”ディーゼルにしないと勝てない”ルマンになってしまい、それはそれで好ましくない事態でしょうから。

メーカーワークスと言えば、アストンマーチンとコーヴェットはさすがにメーカーワークスだけあって、LMGT1にも関わらず、LMP2のトップより上位を走る速さでした。ポルシェRSスパイダーが出てくるであろう来年、このLMP2クラスがどうなるかにも注目したいと思います。上手くやればLMP1を食えるかもしれません。

長期的な将来のF1エンジン規定として、動力源は問わず、使ってよいエネルギー量を直接規定し、何をどう使おうが自由にしようか、なんてアイディアがあるようです。”技術”にこだわる勝てない日本メーカー達からは、どうせなら今のF1はやめちゃってこっちの研究に集中しようか?なんてジョークも出ているようです。

そこまで行かなくとも、ガソリン総量のみを規定し、エンジンは自由という時代のCカーはコンセプトが異なったエンジンがいろいろ存在して面白かった様に思います。試行錯誤の結果、大排気量+ロープレッシャーターボがお得という結論になりましたが。

エネルギー総量規制案、ルマンにこそ最適じゃないかな?

|

« 乗り換えか? | トップページ | 究極の足グルマ »

「レース」カテゴリの記事

「Du Mans 24」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83895/10595285

この記事へのトラックバック一覧です: アウディ勝利の意味:

« 乗り換えか? | トップページ | 究極の足グルマ »