« 当然でしょう | トップページ | これは失礼 »

2006/05/26

エンジン快調、しかし

新エンジンの搭載が済み、ショイクダウンを無事に終えてきました。新エンジンですが、見た目に大きく変わったのはヘッドカバーの色が黒になった、ブローバイホースが新品だ、ファンネルの網も新品だ、としょうもないところが目に入ってしまいました。

Dcf_0008_2  .

  .

  .

エンジンが変わったとなれば、当然気になるのはフィーリング、そしてフィーリングよりもパワーが出ているかどうか。とはいえショイクダウンなので、先ずは実走行でのシステムチェックから。

最初は4000rpm上限でゆっくり走り、ピットに入って異常がないか確認、そこからあとは、5周くらいを目処に500rpmづつ上限を上げていきました。最初その回転に入れた時には渋めな感触が、周回毎にほぐれていくのが分かります。

2セッションを費やして、上限まで慣らしを終了し、3セッション目はフルに回して走行する事が出来ました。まだちょっと固さが残りますが、もうちょっと走行を重ねれば良くなって来そうかな、というな気配があるので楽しみです。

今日タイムはイマイチ(イマニくらいだな)でした。まだまだ先は長いですが、次回の走行はもうレースウイークです。梅雨かなあ?

|

« 当然でしょう | トップページ | これは失礼 »

「レース」カテゴリの記事

「FJ1600」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83895/10251063

この記事へのトラックバック一覧です: エンジン快調、しかし:

« 当然でしょう | トップページ | これは失礼 »