« やっぱりね | トップページ | 今日は完走 »

2006/05/14

スピン後の処置

昨年11月にスピンしたクルマをよけたはずが引っかかってリア周りを破損+フレーム修正まで必要としました。(詳細はこちら↓)

http://junki.cocolog-nifty.com/automobile/2005/11/fk_9c0b.html

http://junki.cocolog-nifty.com/automobile/2005/12/post_d0da.html

この時に抱いた疑い「あのクルマ、スピン後に後ろ向きに動いてきたんじゃないか?」が、この間の教習車での練習時に図らずも証明されていました。ふと思い出したので書いておきます。

前のクルマに追いついていて、そのクルマが目の前でスピンした場合、割と冷静にそのクルマがどっちへ流れていくか見極めてから自分はどちらに逃げるかを判断出来るので、避けるのはそんなに難しくありません。(自分も数回後ろのクルマに上手く避けて頂いて事なきを得てます。感謝です)

上記の接触は、スピンしたクルマが、巻き込んでその場で止まると判断したので、動いてきた分引っ掛けてしまったという事かな、と想像していました。実は前回の練習でそれを逆の立場で体験していて、その事がふとフラッシュバックしたのです。

教習車ではある動き(を作り出す事)に集中していましたので、やりすぎてスピンを複数回しました。そのうちの1回で、自分がスピンし、それをアウトから避けていくクルマがいる事を視認しながら、スピン後自分が後ろに流れている事に気づいたのです。

そのまま流れていくに任せていたら、間違いなく接触していました。おそらく修理代6桁コースです。避けていくそのクルマを見ていたので、「あ、このまま自分が流れて行くと接触するかも」と気づく事が出来、ブレーキを踏んづけて自分のクルマをその場に停止させたのでした。

避けていくクルマを見ていた事、身体の反応が間に合ってぶつかる前にブレーキを踏めた事は良かったので、 今後もこうありたいと思います。(ま、ブレーキは踏むもありますが、離すにも課題山積なんですけどね)。

その前にスピンするなって?そこはちょっと違います。もちろんミスによる無駄なスピンはNGだし、あっちゃこっちゃで何回も繰り返しスピンされては周りにとって迷惑千番ですが、いろいろ試していく過程においては、多少のスピンはするものなんです。

|

« やっぱりね | トップページ | 今日は完走 »

「レース」カテゴリの記事

「FJ1600」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83895/10062270

この記事へのトラックバック一覧です: スピン後の処置:

« やっぱりね | トップページ | 今日は完走 »