« Mシューの弁 #2 | トップページ | 祝10万 »

2006/05/28

メディアの反応

GrabdPrixより

----

Mシューマッハーに対するメディアの反応はほぼ全世界的に共通しており、全てのメジャーな新聞がフェラーリを非難している。

Sunday Times:「いかさまF1エース、処罰を受け最後列に」

Sunday Telegraph:「複数のモータースポーツ界の有名人がシューマッハーはグランプリから追放されるべき、と声を揃えた」

The Observer:「シューマッハーへのチャンピオンとして、また若きドライバーの模範としての信頼について、疑問が呈された。これは彼のキャリアにおいて初めての事ではない」

Daily Mail:「おまえはインチキだ」

The Express:「シューマッハーはずるをした」

News of the World&Daily Star:「シュー、不正をする」

Sunday People:「シュー、ビッグないかさま」

Sunday Mirror:「便利な故障」

----

いろいろ訳し分けてみましたが、英語では同じ言葉、”Cheat” が使われています。この単語自体がかなり卑怯な、というニュアンスを含んでおり、Cheaterと呼ばれるのはかなり屈辱だと言えます。

いくつかこういった記事を取り上げていて気がついたのですが、マッサ君は早々にクラッシュしていてラッキーだったかもしれません。もしそうでなかったら、「ルノーのアタックを邪魔しろ」と命令を受けてコースに送り出された可能性が高いです。

モナコでポールを取ることはそれだけ重要であり、またそのためにマッサのポジションが(ペナルティーで)いくつか下がるくらい何とも思わないでしょうから。

|

« Mシューの弁 #2 | トップページ | 祝10万 »

「レース」カテゴリの記事

「F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83895/10278424

この記事へのトラックバック一覧です: メディアの反応:

» そんなのありですか?! [ぶっちゃけ話]
ミハエル。教えて下さい本当に故意で止まったの?だとしたらそれはチームの戦略なの?あなたの個人の仕業なの?あの予選終了後会見の言葉は嘘っぱちなの?そんな事しないと勝てないの?そこまでして勝ちたいの?それで勝って嬉しいの?... [続きを読む]

受信: 2006/05/28 20:08

» ミハエル・シューマッハーの心の弱さ [湘南のJOHN LENNONの独り言]
ミハエル・シューマッハーの心の弱さ モナコGPでのポールポジションを剥奪されたミハエル・シューマッハー。せっかくの素晴らしい走りを自分のミスで台無しにしてしまった。昔からミハエル・シューマッハーは追い詰められるととんでもない行為をする。今回の行為が作為的なのか本当にミスから起こしてしまったことは分からない。 古くは1994年最終戦オーストラリアGPでのデーモン・ヒルとの接触事故。明らかにわざとぶつけているように見えた。このレースで1994年のチャンピオンが決まることになっていた。... [続きを読む]

受信: 2006/05/28 22:57

« Mシューの弁 #2 | トップページ | 祝10万 »