« FJ写真ギャラリー | トップページ | ニュウイー効果炸裂するか? »

2006/05/22

英語の問題じゃなかった

@Niftyにも同様のソースからと思われるニュースが載ってましたが、F1Racing.netによると、英語が出来ないイデ君の通訳を勤めていたのはアグリ代表自身であったとの事です。

最初このニュースに接した時は、マシンに乗る時間が無かったにせよ、英語の勉強する時間はたっぷりあっただろうに、それは努力不足と言われても仕方が無いぞ、言葉を何とかするのは、朝は「おはようございます」、と挨拶するのと同じくらい基本だぞ、と思ったものです。

しかし、アグリ氏のコメントによると、レースウイークの金曜、土曜、日本語で会話しているにも関わらずイデ君が何を言っているか理解出来なかったとか。日本語で日本人通しで会話して、それが理解出来ないというのでは英語が少々出来たって何の役にも立ちません。つまるところ英語力の問題では無かったという事です。

最近、一見かばっている様で実は手厳しくダメ出ししているコメントが目につきます。実はアグリ代表、イデ君を切りたくてFIAに裏から手を回したとか?もしそういう事だとしたら、SAF1、結構やるかもしれません。とりあえずモナコの後誰が乗るのか、見ものです。

|

« FJ写真ギャラリー | トップページ | ニュウイー効果炸裂するか? »

「レース」カテゴリの記事

「F1」カテゴリの記事

コメント

日本語で会話しているにも関わらずイデ君が何を言っているか理解出来なかったってきつい言葉ですね
野球界での長○さんのように 時にその道だけに生きる人で 完全に左脳がどうにかなってる人いますよね  
頭で考えずに感覚でいってた人なのかも…。
レースはそれでは無理なのかな

投稿: urya | 2006/05/23 07:29

結構感覚のみもありのようです。「ここでこうするとクルマがヒューっとなって」みたいなドライバーの言葉を解読してマシンをアジャスト出来るエンジニアも存在するようです。

イデ君の問題はそういうのとは違うようですが。

投稿: 乗り物雑記 | 2006/05/23 21:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83895/10193675

この記事へのトラックバック一覧です: 英語の問題じゃなかった:

« FJ写真ギャラリー | トップページ | ニュウイー効果炸裂するか? »