« 最後尾、当然だね | トップページ | 輝かしい歴史 »

2006/05/28

Mシューの弁

今回の件、当人が罪を認めるはずもなく、こう発言しています。Timesonlineより

「あなたの敵はある事を信じているし、あなたの味方は違う事を信じているのさ」

しかし、この報道でも今回の件にひっかけて94年のアデレード、97年のヘレスを引き合いに出しています。97年は全ポイントが剥奪されましたが、チャンピオン決定後であり実質意味の無いペナルティでした。

今回も最低でも同じペナルティを希望しますが、シーズンのこのタイミングでそれをやってしまうとTVの視聴率が落ち、観客動員にも影響がありそうなので、それは無いでしょう。ライセンス剥奪ものだと思いますがね。イデ君排斥に一役かったGPDA、何かやってみ?

フェラーリがあくまでも不当な裁定だとしてレースをボイコットしても驚きません。何故なら、2台が最後列からモナコを走ってもポイントが取れる可能性はゼロに近いからです。しかし、その場合FIAから更なる厳罰が下されるのもまた確実なのでそれも無いでしょう。

ともあれ、そろそろ誰もがMシューの本性を理解してもいいように思います。

|

« 最後尾、当然だね | トップページ | 輝かしい歴史 »

「レース」カテゴリの記事

「F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83895/10274781

この記事へのトラックバック一覧です: Mシューの弁:

« 最後尾、当然だね | トップページ | 輝かしい歴史 »