« シルビアのプチプチが治った | トップページ | Hondaの目標 »

2006/04/04

Mシューも言い訳

勝てないだけでもプレスに説明する理由が必要なので、クラッシュしてリタイアするなんて事は、この7回チャンピオン氏には許されないことなのでしょう。しかし、残念ながら今年はBSタイヤを履いたチームが上位を取っているので、タイヤのせいにすることが出来ません。

もちろん、昨年も正面切っての批判などは絶対にしません。それは彼の”ナイスガイ”イメージにはそぐわないからです。しかし、巧妙な言い方で、「僕は何かひとつのパーツに全責任を負わせるような事はしないよ」。とか何とかいいながら巧妙に発言をコントロールしていました。

やり方はこうです。受け取り側が、「タイヤのせいだって言いたいんだろうけど言わないんだなあ」と理解するような言い方をし、結果として、メディアが”自発的に”BSタイヤに疑問を呈するように仕向けていた、と理解しています。

こういうところが、私が彼を好きじゃない理由の一つです。ファンの方からすれば、そもそもが歪んだ目で見てるんだ、と反論したくなるでしょう。それはいいです。見解の相違というのはあるものですから。

で、本題ですが、PlanetF1の記事によると、今回のオーストラリアGPでの自滅クラッシュについて、あそこでコントロールを失ってクラッシュしたのは、9コーナーにあるバンプのせいであり、MシューはオーストラリアGPの主催者に来年までの改善を要求したとの事です。

”私には、あのバンプがなぜそこに存在し続けなくてはならないのかについて疑問を呈する義務がある。”

”3年前のプラクティスでもあそこでクラッシュした。しかし、あれから何にも改善されてないんだ”

というのが今回の言い訳になります。で、こっからは私の突っ込み。

  1. バンプがある事、扱いをミスるとヤバいことになる事は3年も前に学習したんじゃないの、同じミスを繰り返したって事?
  2. 学習してそれに対応するのがいやしくもF1ドライバーたるもんじゃないの?
  3. 君だけがクラッシュして他のドライバーが無事だった事についてはどう説明するつもり?

まあ、私がこんなところで吼えていなくても、まともな常識を持っている人間なら同じ判断をするでしょう。オーストラリアGPの主催者も同じであろうと思われますので特に問題視する必要は無い、とも言えます。

Be Cautious Micheal, the bump will stil be there next year !

|

« シルビアのプチプチが治った | トップページ | Hondaの目標 »

「レース」カテゴリの記事

「F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83895/9431130

この記事へのトラックバック一覧です: Mシューも言い訳:

« シルビアのプチプチが治った | トップページ | Hondaの目標 »