« 中国ツーリングカー、サニー勝利 | トップページ | エンジン凍結5年間、詳細 »

2006/03/27

JB、本国で称号を授かる

何日か前に、ジェンソン・バトン(以下JB)のコメントに対してあげあしを取りましたが、同様に感じているのは私だけではなく、イギリス本国で批判が高まっている様子です。Niftyでも、英ガーディアン紙に「13回も真ん中以外の表彰台に上った男」と皮肉られている事が書かれていますが、PlanetF1に寄せられたファンの声もかなり辛らつで笑えます。ちょっと量が多すぎてとても全部訳しきれませんので一部を紹介します。

英語が読める方はこちら↓にてお楽しみ下さい。

http://www.planet-f1.com/News/Story_Page/0,15909,3210_3263_1107894,00.html

-----------

表題:JB is Mr.Excuses Man (Exciuse=言い訳)

「JBは言い訳の仕方本を執筆すべきだろう。勝利が期待されたレースで、彼には勝利への情熱が全く無かった。05 USGPのように走ってるのがたった一人という状況になるとかでもしなければ、どうせ抜かれるんだよ」 Bizz Markee

「なんで皆はあいつに言い訳をさせ続けてるんだ?マンセルやヒルは明らかにバトンより上だ。ヒルは、アロウズに乗ってですら、バトンよりもいい仕事をした。バトンには、マンセルの闘志(Fire)も、ヒルの輝き(Grid)も無い。

私には、トップが脱落する以外に彼が勝つところを想像出来ないね。ホンダはデビッドソンにチャンスを与えるべきだ」 Mike Johnson

「バトンの株を上げているのはイギリスのプレスだけだ。それ以外の人は、彼がレースに負け続け、言い訳を続けるのを見ている事しか出来ない。私はレースを沢山見てきた。私には、バトンがスコットスピードに”数周に渡って”ブロックされたところは見えなかったね。

ホンダは勝利の為に、文句たれボーイよりもバリチェロに注力すべきだ。乗っていたのがバトンじゃなければ、ホンダはバーレーンかマレーシアで勝っていただろう」。Brent McMaster

    

以下延々と投書の紹介が続きます。まあ、自国メディアやチームから嫌われるという点ではマンセルの方がかなり上でしたが、少なくとも今の時点では出した結果も同様ですね。

もし勝ち始めたら、ころっと手のひらを返すのでしょうけど、厳しい見方が高まっているようです。

|

« 中国ツーリングカー、サニー勝利 | トップページ | エンジン凍結5年間、詳細 »

「レース」カテゴリの記事

「F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83895/9283149

この記事へのトラックバック一覧です: JB、本国で称号を授かる:

« 中国ツーリングカー、サニー勝利 | トップページ | エンジン凍結5年間、詳細 »