« AGURIシャシーはどこ製に | トップページ | 元アロウズ、プレストン氏 »

2005/11/03

タナカ氏、GPMAのトップに

ホンダF1を率いていたタナカショーイチ氏(今年早々に引退していた)が、GPMAのトップとして任命を受けたとの事。この件はGPMAによって確認されているが、正式発表は数日後となる。

私はどっちかというと従来のF1維持派ですので、GPMA自体にはちょっとネガティブな見方をしていますが、どういう形にせよ日本人が世界で活躍の場を得るというのは悪くない話だと思います。

タナカ氏には、GPMAを上手く舵取りして頂き、メーカーの意向を汲んでFIAと交渉をし、最終的にはひとつのF1として将来へ向かって発展する方向へ導いてくれる事を期待したいと思います。

|

« AGURIシャシーはどこ製に | トップページ | 元アロウズ、プレストン氏 »

「レース」カテゴリの記事

「F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83895/6879010

この記事へのトラックバック一覧です: タナカ氏、GPMAのトップに:

« AGURIシャシーはどこ製に | トップページ | 元アロウズ、プレストン氏 »