« シルビア、乗り心地のミステリー | トップページ | ニスモ20年の軌跡 »

2005/10/02

そこかあっ...

今日は昨日出来なかったマシンの掃除をしにガレージまで行ってきました。私の今住んでいる所は、筑波まで25km(30~40分)、茂木まで60km(80分~90分)という非常に良いロケーションなんです。(富士は遠いですけどね)

で、やはり昨日の話になったのですが、

「ブレーキ詰められなかったね、最後まで

と見事に指摘をされました。先に書いたとおり身体がついてこなかったのですが、なんでそうなるか、も教えて頂きました。まずは

「あそこからブレーキを詰めていける人とそうでない人の違いは、進入で○○に出来ているかどうか」。

とやっぱそこへ行くか~、です。これが出来ていないと、ブレーキを詰めたら飛び出してしまいそうで詰められないそうです。で、更に何でそこで留まるのかについて、

「結局、自分が誰よりも速く走ってやる、という気持ちの強さなんだよな」

最後はそこへいくかぁ。闘争心、気持ちが強くないと速くなれないって事です。若者は結構無茶するんだけど大人になってしまうと分別ついちゃって落ち着いてしまうケースが多いそうです。

これも以前から言われている事ですが、なんだかんだ言っても、速く走るってことは、つまるところ誰よりも遅くまでブレーキを我慢し、誰よりも早くアクセルを踏む事につきるんだという事なんです。書いてしまうともう何言ってんの、ってくらい単純な話なんですが。

あと、テーマはWRC、については一応正解のようです。ただし、ヘアピンのような低速コーナーではなく、もっと車速の高いところでこそやる必要があるようです。リスキーだ...

|

« シルビア、乗り心地のミステリー | トップページ | ニスモ20年の軌跡 »

「レース」カテゴリの記事

「FJ1600」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83895/6213937

この記事へのトラックバック一覧です: そこかあっ...:

« シルビア、乗り心地のミステリー | トップページ | ニスモ20年の軌跡 »