« 2世ドライバー、また1人 | トップページ | そこかあっ... »

2005/10/02

シルビア、乗り心地のミステリー

2月にNismoサスを組んで以降、助手席からは乗り心地が大いに悪化したという不満の声があがっていたのですが、運転している私はそんなに悪化したかあ?と思っていました。そんな中、昨日の茂木走行で疲れきった私は帰路の運転を交代してもらいました。

そうしたら、助手席で感じる乗り心地の悪い事ったらもうすごい差です。ちょっとしたデコボコで揺らされまくるし突き上げるショックは鋭くキツイし。で、その事をドライバーに告げるとこれまた驚いた事に、確かに運転しているとそんなに悪く感じない、と言うのです。

ちょっと有り得ないでしょう、ってのも含めて考えうる理由としては、

  • 運転席からは路面が見えているので、予測が出来ているのでショックをあまり感じない。あくまで感覚的なもの。
  • ドライバーシートと助手席シートの造りが違う。差がつけてあるのでは?
  • ダンパーのバラ付きで助手席側が固い。

くらいです。さて真相はいかに。

|

« 2世ドライバー、また1人 | トップページ | そこかあっ... »

「マイカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83895/6210854

この記事へのトラックバック一覧です: シルビア、乗り心地のミステリー:

« 2世ドライバー、また1人 | トップページ | そこかあっ... »