« 筑波自転車道 | トップページ | なんでレース燃料量なんだよ »

2005/10/26

グッド&バッドデイ

今日は会社から休暇を頂き、筑波でのFJ1600テストでした。途中から雲行きが怪しくなり今にも雨が降るかという状況でしたが、実際に雨が降り出したのは午後5時ごろで、走行には支障ありませんでした。

前回分かった事、そこから組み立てて頭の中で考えたことを実行に移し、それなりの成功とまだ出来ない事(しかしそれをやれば良いという事)を理解する事が出来ました。

自分で考えた事なので書いても良いのですが、例によって全部は書きません。ヒントはブレーキの使い方(踏む、と放す)、それと関連付けたステアリングの操作の仕方、です。頭の中でそれをイメージし、運転席に座って出走待ちをしているあいだも、こう踏んで、むにゃむにゃ、そうしてむにゃと実際に手足を動かして確認練習をしてました。

で、走り始めて早速トライ。おやっ、これはこの操作をしている真っ只中にこれもやらなあかんぞ?ええ?話が違うやんけ~???。これが何かくらいは書いてもOKでしょう。そう、シフト操作があったのです。

ってことは、あれをこうしているその最中にそれをこうする事になるんだけど、”それ”って正しい事ですか?と走り終えて早速コーチに相談、そう、その通りで正しい。シフト操作と(とそれに付随するあれ)はどんな状況下でも出来なくちゃだめ。というか、CPUで意識して処理する情報・動作にそれが含まれていてはダメとの事でした。

今回理解し、しかし出来なかった事はこれでした。ただ、出来ないながらもそれに近づけて行く意識付けで、走りは良い方向に向いてきたようです。それは前回新品タイヤをつけても出なかった、自己ベストに近いタイムを今日出せたことからも明らかです。

最終コーナーの新しい走り方も、今日は何回かいいのがあったと監督から言って頂き、ビデオ担当からも、これもちょっとやり方をかえてみたダンロップが良くなったように見えるとの事で、ここまでは多少は満足してよい一日でした。少しばかりですが、リアを思っている方向へ動かせる部分が出来てきたのが最大の良い点です。

もちろん、肝心の”それ”、をものにするまではまだ時間がかかりそうで、それまでは満足するわけにはいきません。今までも内心出来ないかも?と思った事が多少なりとも出来てきつつあるので、このオフシーズンテストでものにしたいです。これが出来れば闘えるタイムになるはずです。

バッドデイですが、3セッション目にマシンから大きな振動が発生し、バーレーン(だったけ?)のライコネンかよ、ってなくらい車体から振動が発生し始めました。車速依存性があるようで、4速でアクセル全開の加速中に起きるのです。

しばらく走ってみたものの、あきらめてピットイン、いくつかチェックをするもその範囲では異常無し、と困った状況です。とりあえず怪しいのはクラッチだそうで、ミッションを降ろして開けてみないと分からないという事態になってしまいました。なんせ開けてみないと分からないので、11月の5日に予定している次回のテストも走れるかどうか不確定となりました。

一応、クもしラッチだった場合その故障を引き起こした原因は?と確認したら、「疲労!」という事で、じゃあしょうがないな、と。自分が何か悪いことをしたわけではないのがせめてもの慰めです。

さて11月5日に走れるか?答えは来週早々には分かります。手応えがあったことを良しとして、軽症であることを祈ります。

|

« 筑波自転車道 | トップページ | なんでレース燃料量なんだよ »

「レース」カテゴリの記事

「FJ1600」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83895/6642237

この記事へのトラックバック一覧です: グッド&バッドデイ:

« 筑波自転車道 | トップページ | なんでレース燃料量なんだよ »