« ノーピットって... | トップページ | 立ち上がり重視 »

2005/09/01

オーバーハングの矛盾

あえてS-GTのカテゴリーに分類しますが、オーバーハングの矛盾についてちょっと考えてみたいと思います。スポーツもしくはスポーティを称する自動車は、マスをなるべく中心に寄せる、それによって運動性能を上げるという事を目的としてオーバーハングの短縮を目指し、またそれを誇っています。

そう、オーバーハング(大雑把に注釈すると、フロントタイヤより前、リアタイヤより後のボディ)が短い事がスポーティな走りに実際に寄与し、多くのスポーツカーがそれを実現しようと多大な努力を払って開発されているのです。(NSXのリアは当初もっと切り詰められていたが、日本ならではのゴルフバッグ収納要件をクリアする為に妥協を強いられあの形となったのは有名な話ですね)

しかし、それら”スポーツ”カーをGT等のレースに出す時に何が起こるか。必要な空力効果を得る為に、ベース車に対してオーバーハングを延長するのです。せっかく切り詰め、スポーツカーとしての格好良さを得たたはずのオーバーハングを、です。ZやNSXに設定されたロングノーズ、ロングテール仕様のホモロゲ車の存在がこれを証明してくれています。

レース車両として、レギュレーションの許す範囲で最大限速さを追求する為、打てる手は打つ、というのもまた当然にして必然、やらねばバカと言われます。使用される速度域、要求される性能の性質が違うというのも全くその通り。

しかし、スポーツカーのあるべき姿というものが、レギュレーションのあり方によって歪められているように感じてなりません。速いのがスポーツカーなのであれば、スポーツカーのオーバーハングは長くあるべきなのか?違いますね。そこに釈然としないものを感じるのです。(ま、”スポーツカー”と”速い”が必ずしも完全に一致するとも申しませんが。)

フラットボトム規定がその一因である事は間違いないでしょう。しかし、いろいろな歴史を持て生まれたその規定をやめろというつもりはありません。あえてレギュレーションに物申すならば、オーバーハングを車種を問わず一定値に決めてはいかがでしょう、というくらいですね。なまじベース車両+○○mmなどという規定だから、ホモロゲ専用のロングノーズ車が生まれるのです。ここを一定にしてしまえば、おまけとして性能の均衡化も図れるのでは?とも思います。

さて、明日は久しぶりにFJに乗れます。先週は台風の直撃を危惧して走行を中止したので、今度の台風がこっちにこなくて助かりました。

|

« ノーピットって... | トップページ | 立ち上がり重視 »

「レース」カテゴリの記事

「S-GT」カテゴリの記事

コメント

> 速いのがスポーツカーなのであれば、スポーツカーのオーバーハングは長くあるべきなのか?
この部分のみに脊髄反射的にコメントさせてください。
自分はマクラーレンF1 GTRは、97年モデルの方が美しいと感じますし、シルクカットジャガーより962Cの方が好きだったりします。
う~ん、ですから「スポーツカーとしての格好良さ」って、短いオーバーハングだ、といわれてもぴんと来ないというか、いやむしろ長いほうが格好良いじゃん、というか。

投稿: RyoGAM(motorsportfb) | 2005/09/07 23:58

コメントありがとうございます。仰る通り、オーバーハングが長くて格好の良いスポーツカーも実在しますね。恰好良いかどうかはオーバーハングの短長で一元的に決まるものではないと思います。

ちょっと話を限定されたところに持っていくと、ZやNSXは、市販車では切り詰めたオーバーハングによるマスの集中、ホイールベース内に重量物を納めた事を誇っているにも関わらず、GT用にはロングノーズ、ロングテールを設定し、それらは決して恰好良いとは言えないと思っているわけです。

投稿: オーナー | 2005/09/08 06:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83895/5739267

この記事へのトラックバック一覧です: オーバーハングの矛盾:

« ノーピットって... | トップページ | 立ち上がり重視 »