« とんぼ | トップページ | JB、騒ぎに値する? »

2005/09/20

レッドブルについての一考

redbull ジャガーを買収したところまではまあ常識の範囲かもしれませんが、F1活動中も、知っているだけでDTM、IRLへのスポンサーは続けていますし、レッドブル育成プログラムにもかなりお金がかかっていると思われるので、とにかくお金あんだな~、と眺めていました。

そうしたら、今度はミナルディまで買ってしまい(同じコスワースでV10のままレブリミッターをつけると言われている06年は、今年のレッドブルのマシンをそのまま使えばいいかな?と。そうすればかなりお金が節約出来る)、どんなお金持ちかと思ってちょっと調べてみたら、モータースポーツに留まらず、飛行機レースのシリーズ冠スポンサーや、自転車レースのタイトルスポンサー、AMAモトクロスなどもスポンサーしていて、いったいどこまでお金が余っているんだろう?と更に不思議さが深まりました。

私の知る限り、製品は写真に掲示した滋養強壮ドリンクしかありません。(タウリン1000mg、ってどこかの滋養強壮飲料と同じですね)。これ一本でそんなに儲ける事が可能なのでしょうか。ちなみにこの飲料は成分が強烈な為、販売禁止になっている国もあります。

あとは、現オーナーが一代で築いた新興メーカーである事、自社で工場を持たず生産は外部委託するファブレスカンパニーである事、くらいが私の知る限りにおける予備知識です。

無論、真っ当に商売をして、その売り上げでレース界を支えてくれているのであれば文句を言う筋合いのものでは全くありません。ただ、過去「ほんとかよ?」というようなお金のかけ方をしていたパトロン会社が、何かしらのトラブルで消えてゆく、というような例がありました。(最近ではトムスについていたD○nacityが消えましたね)。

レッドブルがそうだと疑うつもりは毛頭ありませんし、当てはまらないと思いますが、ちょっとだけ気にかかります。(大きなお世話ってやつです)

さて、フェラーリエンジンを使う06年、コスワースを使うウイリアムズとのプライベーター対決の結果は如何に?

|

« とんぼ | トップページ | JB、騒ぎに値する? »

「レース」カテゴリの記事

「F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83895/6029972

この記事へのトラックバック一覧です: レッドブルについての一考:

« とんぼ | トップページ | JB、騒ぎに値する? »