« F1予選方式、運転手達の提案 | トップページ | JLMSについて »

2005/08/16

ウイリアムズ・コスワース発表

かねてから噂になっていた通り、ウイリアムズのコスワース搭載が発表されました。単にエンジン供給に留まらずギアボックスを含めた各種電子制御も共同開発となるとの事。まあ、これ自体はいまやエンジン単体と切り離せないものなのでごく当たり前の内容と言えるでしょう。

これでいよいよプライベーターの雄の立場を確立したウイリアムズ、となるわけですが、(セナの力で)コスワースでも勝って見せたマクラーレンのような活躍を見せられるか。そしてバトンは乗るのか?ドライバーの発表はありませんでしたね。F1の健全な発展の為には勝てるプライベーターの存在が必要だと思いますので、その点で期待しています。

|

« F1予選方式、運転手達の提案 | トップページ | JLMSについて »

「レース」カテゴリの記事

「F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83895/5491139

この記事へのトラックバック一覧です: ウイリアムズ・コスワース発表:

» F1(63) 佐藤琢磨の座る場所が? [戀は糸しい糸しいと言う心]
HONDAはBARのエンジンサプライヤーだけでなく、チームの45%の株を取得し 資本参加までしてます。 ニック・フライであれ、ジル・ド・フェランであれ、 HONDAが彼らの首を切ることは朝メシ前。 ニック・フライの「Takumaの門はまだ開かれている。」との発言は ...... [続きを読む]

受信: 2005/08/16 22:34

» F1にCosworth V8復活! [郷秋の独り言]
 昨日は2006年シーズンのドライバーについて書いたが、今日は来シーズンのエンジンについてちょっとだけ。  1980年代末に余りにも強大なパワーを備えたターボエンジン(当時最強と言われたホンダ・ターボは僅か1.5Lから1,500馬力を搾り出したと言われる)が余りにも危険であるとして禁止されて以来、長い間3,000cc V10(V12からV10に移行)自然吸気エンジンだけで戦われてきたF1のエンジンが、2006年には大きく変わる。  ... [続きを読む]

受信: 2005/08/17 21:59

« F1予選方式、運転手達の提案 | トップページ | JLMSについて »