« ジョーダン・ヒュンダイ? | トップページ | いろんな噂 »

2005/07/15

さらっと書かれましたね

Grandprix.comからのネタですが、話題はストーブリーグです。その中で、さらっと実に自然な流れでSATOは来年のシートが無さそうだし、みたいに書かれてしまいました。あまりにも自然な流れなので可笑しく感じてしまったのですが、考えてみれば、我々もあのインド人は来年はF1にいないだろうと思っているわけで、欧米の連中からみれば同じ事か?とも思ったりしてます。

3位表彰台の結果もあるSATOとあのインド人をいっしょにするな!という声が聞こえてきそうですが、そこはまあ、さらっと流して下さい。

以下、記事より。訳、いつもの通り

------

デビッドクルサードがレッドブル・フェラーリと契約したという事実は多くのメッセージを送っている。レッドブル・フェラーリとBARホンダを比較すれば、BARホンダの方が魅力的なハズである。それなのにDCがRBRと契約をしたのは、BARのシートに空きが無い事を意味していると考えるのが論理的だ。

ではBARには誰が乗るのだろう?ジェンソンはウイリアムズに行く予定だし、サトーは控えめに言っても今年の成績は充分に印象的なものではないので、来年は無いだろう。(ここです、ここ)

ウイリアムズ、BARはどちらもバトンを必要としている。彼が英国人である事も大きなファクターだ。しかし、バトンは1人しかいない。あぶれた方はどうするのだろう?そのシートに乗りたいドライバーは余るほどいるが、逆に突出した存在もいない。

そこでややこしい契約にしばられていない、そして安価な若手に目が向くわけだ。これはGP2ボーイズにとって福音となるであろう。アダムキャロルはBARと契約がある。コバライネンはルノーと、ニコロズベルグはウイリアムズと契約がある。

スコットスピードもレッドブルに縛られているが、現在のチームでは仕事が無い。そこでスピードはその契約は無効だと考えている。ウイリアムズとBARはアメリカと強い関係があり、インディアナポリスの惨事の後アメリカのビッグスポンサーにアピールしたいはずだ。

”スピード”に注意せよ

---------

なんか、佐藤を軽くクビにするどころか、アンソニー、ニック、マークの存在を完璧に無視してくれちゃってますけど、USGPの金曜日、彼がスピードを見せたのは事実。果たして彼は2006年にF1を走っているのでしょうか?

GP2といえば、吉本が好成績を出しましたね。トヨタのつばもついていないようですし、もし彼が今期勝利を挙げる事が出来れば面白い存在になってくれそうです。なって欲しいな。

|

« ジョーダン・ヒュンダイ? | トップページ | いろんな噂 »

「レース」カテゴリの記事

「F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83895/4983493

この記事へのトラックバック一覧です: さらっと書かれましたね:

« ジョーダン・ヒュンダイ? | トップページ | いろんな噂 »