« み、見たい... | トップページ | アメリカって »

2005/07/14

コスワース、複数チームと交渉中

今日もPLANET-F1からですが、コスワースのオーナー、ケビン・カルコーベン氏がAutosport誌にコメントしたそうです。

(コスワースってどっかの自動車メーカーに買われたんじゃなかったっけ?確かレース部門はフォード、エンジニアリング部門はアウディだったという記憶が。ジャガー撤退と同時にレース部門が売却されたのかな?とおりすがりさん、見ていたら教えて~!)

以下記事より。日本語訳いつもの人

--------

”V8エンジンは仕上がって来てるよ。21000rpmまで回り700馬力は越えている。全ては順調に進んでおり、こいつは素晴らしいエンジンだ。我々は複数のチームと交渉している。どうなるか見ものだね。”

”無料でエンジンを供給し、大きなサポートをしてくる、大メーカーと戦うのはハードだよ。だから、それ(コスワースの存続かな)は全くもって彼ら(F1チーム)次第だよ。つまり、自動車メーカーから独立したエンジンが存在し続ける事を重視するのか、完全にメーカーの手中に収まってしまうのか、という事なんだ。”

------

私としては、メーカーの傘下に入らない独立のチームが闘える状況であって欲しいので、コスワースには頑張って頂きたいです。しかし、カルコーベン氏の言う通り全てはチーム(あるいはFIA)次第です。

ところで、現行のV10がMax19000rpmくらい(TVの表示が正しければ)なので、事実を言っているとしたらかなりの高回転化ですね。F1も本気でコストを下げたいなら、レブリミッターをつけるなり、リストリクターをつけるなりすればいいのに。

むろん、技術競争の部分は多少はそがれますが、決められた規定の中で最高を求めるという点では変わらないですからね。そしてその方がプライベーターにチャンスが回ってくる可能性が高い、かな?所詮物量&資金力には負けるかな、う~んどちらとも言い難い。

ちなみに成功しているシリーズは全てレブリミッターかリストリクターかその両方か、でなければワンメイクエンジンです。さてF1はコストと”最高峰”のバランスをどう取っていくのか。

|

« み、見たい... | トップページ | アメリカって »

「レース」カテゴリの記事

「F1」カテゴリの記事

コメント

フォルクスワーゲングループに買収されたコスワーステクノロジーは、アウディからピストンなどを製造する自動車部品メーカーのマーレに売却されました。

コスワースレーシングのほうはフォード撤退時に売却されて、たしかペンスキーのオーナーが買い取ったはずです。

投稿: ホラフキン | 2005/07/15 04:47

コスワースレーシングは、CCWSの共同オーナーのケビン・カルコーベン(PKVオーナー)とジェラルド・フォーサイス(フォーサイス・チャンピオンズ・レーシングオーナー)の二人が買収したそうです。

投稿: ホラフキン | 2005/07/15 05:03

ホラフキンさん、早朝に(深夜?)ありがとうございました。疑問が氷解しすっきりしました。

投稿: オーナー | 2005/07/15 06:17

ペンスキーが買い取ったのはイルモアですね。

投稿: RyoGAM(motorsportfb) | 2005/07/15 06:34

どうもイルモアとコスワースの買収をごちゃ混ぜに覚えてたようです。

最近は老人並の早起きなもんで(笑

投稿: ホラフキン | 2005/07/15 11:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83895/4971998

この記事へのトラックバック一覧です: コスワース、複数チームと交渉中:

« み、見たい... | トップページ | アメリカって »