« インプレッサマイナー顔 発見 | トップページ | いくらワンメイクとはいえ »

2005/06/03

フランス人はルノーを認めない?

またまたGrabdPrix.comからのネタですが、フランスGPを主催するFFSAが今年は7万5千の観客動員を目指して、チケットの値下げを含めた諸策を行っているそうです。その中で気になったのは以下のくだり。

「フェラーリの独占支配こそ終わったが、フランス人のF1への興味は低いままだ。何故なら、彼らはルノーをフランスのチームと見なしていないし、フランス人ドライバーもいないからだ」

確かにベネトンチームを買い取り、名前こそルノーとしたもののチームがフランスに拠点を移したという事では無いし、ベネトンが衣を変えただけというのは事実でしょうけど、グローバルな会社としては子会社が外国にあるのは普通の事だと思うのですけどねえ。

この記事で書いてある事が本当なら、ルノーの快進撃にもフランス人はちっとも熱狂していないし、また特にルノーをひいきにしているわけでもないって事になります。イタリアとはえらい違いですね。あそこはドライバーが何人であろうともフェラーリドライバーでありさえすれば絶大な応援を受けられます。

こんな状態ではマーケティング効果も無いという事になり、Mr.コストカッター、カルロスゴーン新ルノーCEOの大鉈が振るわれる恐れも皆無とは言えないでしょう。対処法は、先の記事にもあるとおり、フランス人を乗せる事です。ちなみにこれはホンダが採った手法と同じでもあります。

というわけで、来年アロンソのパートナーをつとめるのは、モンターニュかもしれませんね。(アロンソの契約延長は発表済み。ついでに?猛獣ブリアトーレ氏もね)

記事はこう結ばれています。

「GPまで1ヶ月という現時点で、チケットはようやく5万枚を売っただけである。この数字がどう動くのかを見るのは大変興味深い事である」。

他国の事とはいえ、ちょっとねえ....

人気BLOGランキングはこちら

|

« インプレッサマイナー顔 発見 | トップページ | いくらワンメイクとはいえ »

「レース」カテゴリの記事

「F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83895/4395714

この記事へのトラックバック一覧です: フランス人はルノーを認めない?:

« インプレッサマイナー顔 発見 | トップページ | いくらワンメイクとはいえ »