« FIA、ミシュラン声明を歓迎しつつも反論 | トップページ | 有罪確定、しかしペナルティの決心は延期 »

2005/06/29

パリからの最新情報

GrandPrix.comより最新情報をお届けします。(日本語訳乗り物雑記オーナー)

--------

公聴会は終わった。チーム代表達が1人、また1人と会場から出て来るが、コメントは拒絶された。どうやら悪いニュースが発表される事になりそうだ。

BARのニックフライが今出て来た。次はロンデニスが出て来る順番だ。ミナルディのポールスタッダートはパリにやってきたが、公聴会への入場を拒否された。

FIAの記者会見は現地時間の午後3時からである。チーム達の会見はその後となる。その会見にはスタッダートも参加すると予想されている。

噂ではBARは出場停止を言い渡され、BATとホンダは今年のチャンピオンシップから身を引く事を発表する事になる、と予想されている。

---------

...あと1時間半です(サマータイムがなければ)。佐藤がF1に残れる事を願ってます。

人気BLOGランキングはこちら

|

« FIA、ミシュラン声明を歓迎しつつも反論 | トップページ | 有罪確定、しかしペナルティの決心は延期 »

「レース」カテゴリの記事

「F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83895/4762600

この記事へのトラックバック一覧です: パリからの最新情報:

« FIA、ミシュラン声明を歓迎しつつも反論 | トップページ | 有罪確定、しかしペナルティの決心は延期 »