« F1 Baton | トップページ | トヨタIRL撤退!NASCARへ »

2005/06/28

ミシュラン失敗を認めるも責任を取る姿勢なし

F1公式サイトその他の報道によると、ミシュランは公式に、USGP用のタイヤ設計において失敗があったことを公式に認める発表をおこなったようです。いわく、「ターン13(オーバルのバンク)にてタイヤにかかる負荷を少なく見積もり過ぎた」との事です。

設計の失敗を認めながらも、USGPでの出来事については、「安全が何よりも優先される」と述べるに留まり、なんら責任を取る姿勢を見せていない点にひっかかります。どう落とし前をつけるつもりなのか、そこんとこはっきりしてよね、と思ってしまいます。

だいたい、F1参戦初年度ならともかく、何年目だ?今更荷重の見積を誤っただあ?そして、しゃあしゃあと、「残りGPには安全かつ競争力のあるタイヤを供給する」だあ?ふざけんなよ、ミシュラン。

水曜日以降の動きを見届けてからになりますが、場合によっては私の好きなレーサーの1人であるトニースチュワート(元IRLチャンプです。為念)の言にならって、ウチも草の根ミシュラン不買活動に参加したいと思います。ともかく明日、ですね。(ちなみにミシュラン7チームは明日に備え言い訳を共通とすべく会合を開いているとの事)

人気BLOGランキングはこちら

|

« F1 Baton | トップページ | トヨタIRL撤退!NASCARへ »

「レース」カテゴリの記事

「F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83895/4748001

この記事へのトラックバック一覧です: ミシュラン失敗を認めるも責任を取る姿勢なし:

« F1 Baton | トップページ | トヨタIRL撤退!NASCARへ »