« さっそく訴訟 | トップページ | LMP2ポルシェ発表 »

2005/06/21

FIA、公式に7チームを告発

同じくPlanet-F1の報じるところによると、FIAは公式に”ミシュランセブン”に対して告発をしたとの事です。FIAの告発はあくまでチームに向けられていて、最終コーナーでスピードを落とす事さえ受け入れればレースが可能であったのに、それをしなかったのはチームの責任であるとしました。

(勿論、キチンと安全なタイヤを用意したブリジストンはそのコーナーでスピードを落とす必要はありません)

以下Planet-F1より(日本語訳 乗り物雑記オーナー)

--------

予想された通り、”ミシュラン・セブン”はFIAによって、INDYでの大失敗によってF1というスポーツに悪評をもたらした、という理由で公式な告発を受けた。

全ての7チームに対して、FIAから、水曜日のヒアリングにそなえ、その行為がUSGPならびにモータースポーツを傷つけ、以下の罪の1つまたは複数に該当するので回答を用意しなさい、とするレターが送られた。

‐レースにあたって適切なタイヤを確保することに失敗した

‐不当にも、レースをスタートする事を拒絶した

‐不当にも、1つのコーナーの速度を低下するだけでレースに参加出来るのに関わらず、これを拒絶した

‐他チームと共同歩調を取り(その不満を)デモンストレーションする事で、F1のイメージを傷つけた(フォーメーションラップ後に一斉にピットに戻った事を指す)

‐レースをする意思が無い事をスチュワードに報告する事を怠った。これはF1スポーティングレギュレーション131項に違反するものである。

ここに、FIAが非難しているのは7チームであり、ミシュランではない事が示された。FIAは、いまや悪名高い”13コーナー”でスローダウンすれば良かっただけの単純な事であると示唆しているのである。

--------

BARの件を振り返ってみても、FIAがこう出た以上は、何らかのペナルティが発生する事は避けられないように思われます。でなければ、けつまくって来年からGPWC(旧名)でのレースを開始するしかありませんが、これは現実的にはまず無理でしょう。そうなると心配なのはやはり執行猶予中のBARがどうなるか、となってきます。今期唯一のノーポイントチームとなったBAR、ここで退場となるのでしょうか。

ここで、私のスタンスを明確にしておきます。アンチMシューである事は公言済み(一時気の迷いを起こしましたが)ですが、それに加えて、私は”佐藤琢磨が乗っている事”以外にBARホンダになんら価値を見出していません。佐藤を応援しているがチームは応援しないというねじれ状態にあります。

今年の今までの成績では、もしホンダのバックアップが無くなったら佐藤が来年のF1シートを得るのはかなり難しくなるでしょう。ジョーダンに身をやつしてもトップチームに這い上がったニックのような粘りを期待したい所ですが。

その意味でBARに消えてもらっては困ります。ペナルティは課すが執行猶予中の再違反としては取り扱わないというような、出場停止だけは避けられる処分にならん事を願ってます。

人気BLOGランキングはこちら

|

« さっそく訴訟 | トップページ | LMP2ポルシェ発表 »

「レース」カテゴリの記事

「F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83895/4652334

この記事へのトラックバック一覧です: FIA、公式に7チームを告発:

» F1(50) 6台のための USA, Indianapolis GP [戀は糸しい糸しいと言う心]
僕のF1観戦歴は、中島 悟ドライバーが日本人として始めて F1レーサーになった時からです。 それ以来、今回のアメリカGPのようなレースははじめてです。 もちろんレースは安全が最優先なのは当たり前の事です。 僕は、今シーズンからのFIAのタイヤ...... [続きを読む]

受信: 2005/06/21 23:29

« さっそく訴訟 | トップページ | LMP2ポルシェ発表 »