« スープラ完勝 | トップページ | スーパー耐久 開幕戦 »

2005/05/05

FIA、BARのチャンピオンシップ除外を要求

さて、パリ法廷が開かれましたね。判決は今夜に持ち越しですが、やはりポイントはサブタンクの存在でした。レース中に最低重量を下回った事があろうがなかろうが、サブタンクは違反のはずなので、何を論議しているのかやや不可解です。

確か、F1は20台をグリッドに並べる事を各オーガナイザーと契約しているので、BARに退場を要求する事は出来ないと思われます。従って、今シーズンのチャンピオンシップからの除外という要求になったのでしょう。

以下、FI公式サイトより。(日本語訳乗り物雑記オーナー)

FIA、BARのチャンピオンシップ除外を要求

FIAは、サンマリノでのBARの違反行為について、BARの2005年シリーズ チャンピオンシップからの除外を申告した。

水曜日のパリでのヒアリングではFIAは、BARは故意に”違反行為によるアンフェアなアドバンテージ”を得た、と主張した。そして国際法廷に対して、チームの(チャンピオンシップからの)除外と、最低100万ユーロ(1億3600万円)の罰金を要求した。

この上訴は、バトンのイモラでの3位と、彼のクルマがレース後の車検にて燃料を抜いた状態で最低重量規定をみたしていなかったという事実を問うものである。

ヒアリングの焦点は、バトンのクルマに搭載された小さい2個目の燃料タンク~FIAが疑いの無い事実として認識している~にあてられた。

しかし、BARのテクニカルディレクター、ジェフリーウイリスは、追加のタンクは、最小限の6Lの燃料を収集するもので、クルマが機能する為のものである事を証言した。

2時間半に及ぶヒアリングの後、BAR のCEO ニックフライは法廷に対して充分な説明をする事に成功したと語った。判決は、木曜の午後(訳注、日本では夜ですね)に出る予定である。

-------------------

なお、本件についての私の意見は、バーニーが全て言い表してくれています(@Niftyより)。

バーニーエクレストン

「これまで伝えられている情報から判断するならば、彼らは有罪が間違いないことだろう。そしてこれは決してミスなんかではない。意識して行なったものということだ。そもそも秘密の燃料タンクなんていうものが悪気なく説明できるものだとは、到底信じられないからね

(B.A.Rが)コンストラクターズポイントが獲得できないというのは当然のこと。ドライバーズポイントだって失われるだろう。有罪と判定されたなら、金銭のペナルティだけでは決して抑止力として十分なものとは言えないよ

---------

BARは、有罪の際は民事訴訟する構えとの事で、今夜の判決が出ても問題は終結しなそうです。見苦しいぞBAR。まあ、スポンサー、ホンダ等への手前、はいそうですか、と従う訳にいかないのも分かりますが。

報道されているように、サブタンクが燃料の高圧噴射の為、という事であれば、これはエンジン側、即ちホンダの要求で設置されたものであります。が、ここに溜まる燃料分を最低重量に加えても許されるか?というポイントの判断を行ったのはチームでありましょう。

いずれにせよ、責任はチームにあり、バトン、琢磨はある意味で被害者と言って差し支えないか、と思います。「わざとリタイア作戦」にしてもドライバーはチームの指示に従ったまでの事でしょうから。

人気BLOGランキングはこちら

|

« スープラ完勝 | トップページ | スーパー耐久 開幕戦 »

「レース」カテゴリの記事

「F1」カテゴリの記事

コメント

>いずれにせよ、責任はチームにあり、バトン、琢磨はある意味で被害者と言って差し支えないか、と思います。

本当にそう思います。いやですね・・・こういうの。

投稿: DAI | 2005/05/05 08:23

昔、WRCでトヨタがターボリストラクター違反した件を思い出します。レースは合法ギリギリで勝負するのが現実でしょうが、違法と知っておきながら特別な装備をするのはアンフェアです。本当に隠しタンクを積みたかったのなら、FIAの見解を求めた上(バラストとして認めるか)を審議してからがスジ。(ま、認められないでしょうが)。ほんとドライバーは可哀想です。

投稿: shotgun | 2005/05/05 09:04

今回の件については、B・A・Rがお粗末…としか言いようがないですね。解雇したエンジニアからの内部告発にしてもそうですが、明らかにFIAに突っ込まれるだろう要素があったらやっぱり今迄の流れから見ても、槍玉に上がる確率高いのはわかってんだし、解釈の誤解という言い分も苦しい気がします。
レースで結果を出したドライバーが胸を張っていられるようなマシンを与えなかったら…巻き込まれるドライバーは可哀想ですよね。今期の出場権剥奪までは行かないとは思いますが(思いたいです)スペインGPに琢磨とバトンが走れるのか…不安で仕方ありません。

投稿: 緋月朔夜 | 2005/05/05 11:12

コメントありがとうございます。

>DAIさん
ホンダがどこまで今回の事件に絡んでいるかは分かりませんが、ホンダ無しにはF1のシートは無いであろう、琢磨(残念ながら)、彼がF1に残れる事を願ってます。

>shotgunさん
そういえばトヨタがWRCでやってましたね、完全なる違反行為。この時も内部告発によって摘発されたのでしたね。

>緋月さん
ホント、BARお粗末です。しかし、ホンダという会社にも勝つ為なら手段を選ばない、という企業風土がありますので、「BARホンダ」連帯責任にならざるを得ないと思います。

投稿: 乗り物雑記 | 2005/05/05 11:31

あまりに不安なのでついみなさまのブログめぐりをしてしまいます。
とにかく今日の結果を待つしかないのですね。
琢磨よ、余計なことに惑わされずにスペインに向けて集中してください!!

投稿: ルーシー | 2005/05/05 11:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83895/3987611

この記事へのトラックバック一覧です: FIA、BARのチャンピオンシップ除外を要求:

» ドライバーも連帯責任なの? [nagisa racing motorsports Blog]
@nifty:モータースポーツ:F1ニュース  こういうのに巻き込まれるドライバーは本当に可哀想だ。出場停止だけは回避して欲しい。 もし追放なら「BAR」ではなく「ホンダ」として出場すれば問題ないんだよね。(ムリかな・・・) だってあくまでBARチームが追放なんでしょ? F1史上に残る一大事になりかねないこの事件。見守ってまいりましょう。 ... [続きを読む]

受信: 2005/05/05 09:10

» 聴聞会の詳細 [開運ダイアリー]
聴聞会の詳細が報道されています。ニック・フライは、「ちゃんと説明できたと確信している」と晴れやかな顔でインタビューに答えていますが、確かに、そう受け取れる内容だと感じました。   裁判官は、スペイン人とギリシア人、オーストリア人とカナダ人が1人ずつ。... [続きを読む]

受信: 2005/05/05 10:21

» スペインGP直前チェックの巻 [[gossip machine] TODAY]
レースウィークです。いよいよスペインGP開幕…F1ブロガーの皆さんには忙しい週末が再びやって来ました。バルセロナではどんなレースが繰り広げられるのでしょうか?Round 5 Spanish GP サーキット・デ・カタルニア 全長:4.627km 周回数:66周 レースディスタンス:305.256km 最高... [続きを読む]

受信: 2005/05/05 11:02

» FIA、B・A・R HONDAをチャンピオンシップから除外を要求!!! [にこらすの徒然なるままに・・・]
サンマリノGPのレース後の車検においてバトン車が車両重量規定違反を犯したとしてFIAがパリの国際法廷に提訴していた問題で、4日FIA側は次のように語った。 『FIAは法廷に対して、ラッキーストライク BAR ホンダ チームを2005年の世界選手権から排除し、少なくとも100万ユーロ(約1億4000万円)の罰金を課すように要求した』 国際法廷の裁定は5日午後にも明らかになる模様だが、これでFIAがコンコルド協定に対して賛同しないチームに対してどうしたいと思っているかはっきりと主張したことになる。 ... [続きを読む]

受信: 2005/05/05 11:04

» 何々なに〜?!!!BAR危機? [(T_T)☆ルーツを探せ☆(T_T)]
先日のF1「サンマリノGP」において、 車両重量違反にとわれているジェンソン・バトン。 とんだニュースが飛び込んできてます、 冗談じゃないですよ〜・・・ >自動車のF1シリーズに参戦中の、佐藤琢磨が所属するBARホンダが、規則違反により今季残りのレース(15戦)から除外される可能性が4日、出てきた。  第4戦のサンマリノ・グランプリ(GP)で佐藤のチームメート、ジェンソン・バトン(英国)に車体重量違反の疑い... [続きを読む]

受信: 2005/05/05 11:30

» FIA聴聞会とバーニーのコメント [真夜中の]
バーニーは、 "無罪になるほうがいいね。でもみんなから聞いた情報では、レギュレーション違反と考えざるを得ないよ" "(結果にかかわらず)我々は以前通りにクルマを走らせなければならない、突然、(他のチームが)もっとクルマを走らせるわけにはいかない" "(B.A.Rが)チャンピオンシップに入ってこないなら、他のストーリになる" とおっしゃってます。どうも18台でF1をやるってことらしい。 自分のシリーズを守るために、本気でB.A.Rを見せしめにするつもりであることを強調しているんでしょう。 ... [続きを読む]

受信: 2005/05/05 16:06

» FIA BARホンダの選手権からの排除を要求 [最新F1news & Result]
 サンマリノGPにおいて車両重量規定違反を犯したとして、FIAより訴えを受けたBARホンダは、本日パリにおいて国際法廷に臨んでいる。その法廷に際して、FIAはBARホンダ側に対して非常に厳しい処分を課すことを要求したという。 ... [続きを読む]

受信: 2005/05/05 17:14

» BAR Honda、F1世界選手権から除外 [1喝たぬき]
FIAは(国際自動車連盟)BAR Hondaの2005年F1世界選手権からの除外、罰金として100万ユーロを科すことを求めている。 [続きを読む]

受信: 2005/05/05 19:59

» 当然か、厳罰か [スコログ]
サンマリノGPにおけるBARのマシン重量規定違反に対する裁定が、遂に下った。スペイン、モナコの2戦への出場停止、及びこれまで獲得したポイント(即ちサンマリノGPによるもの)の剥奪という、チームにとっては大打撃といえるものだった。   そもそも今回の... [続きを読む]

受信: 2005/05/05 23:16

« スープラ完勝 | トップページ | スーパー耐久 開幕戦 »