« フィジケラのトラブルの件 | トップページ | 4月の販売ランキング »

2005/05/10

アウディ ルマンクワトロ生産化へ

audi_lemans_quattro英AUTOCARの情報によると、アウディのスーパーカーコンセプトである”ルマンクワトロ”の生産化にGOの決定がなされたとの事です。ポルシェ、フェラーリに真っ向から立ち向かうとの事であるので楽しみです。ニッサンGT-Rが出るとされている時期とも重なりますね。

以下、AUTOCAR記事より。日本語訳 乗り物雑記オーナー

------

アウディのスーパーカー、ルマンクワトロの生産化へゴーサインが出た。最新のプロトタイプを、アウディのチェアマン、Dr.マーチン氏とVWのボス、ベルンド氏が試乗し、そして両者はこのクルマは生産化されるべきであるという事に同意した。ルマンクワトロは2006年後半に生産向け最終形となり、2007年前半に販売開始される事となるであろう。

2003フランクフルトショーで発表されたアルミスペースフレームのコンセプトカーは610馬力のツインターボV10エンジンを搭載していたが、アウディからは、エンジンをどうするかの最終決定はなされていないと伝えられる。

しかし、噂では444馬力のW12エンジンが有力候補との事だ。そして、新型RS4に搭載されている414馬力の4.2L V8も候補に上げられる。アウディからは、このルマンクワトロのポジションについて、VWグループにランボルギーニが存在する事を踏まえ慎重に論議されていると伝えられる。

アウディはルマンクワトロのポテンシャルに格別の自信を持っており、ポルシェ、フェラーリと真っ向勝負すると言う。価格は未定だが、生産規模は年3000~5000台との事である。

スタイリングはよりスポーティに修正されたが、基本的に同じである。コンセプトカーの最初のバージョンは固定屋根のクーペだが、オープン仕様も既に検討されている。アウディは、ワークスとして参戦する事は無いが、プライベーターによってルマンにエントリーされる事を期待している。

Dr.ビンターホーンによると、ルマンクワトロは、将来のアウディのラインナップにおけるエモーショナルなフラッグシップである。アウディの人々は、このスーパーカーが、1981年における最初の”クワトロ”がもたらしたような効果をアウディブランド全体に対してもたらす事を期待している。

-------

人気BLOGランキングはこちら

|

« フィジケラのトラブルの件 | トップページ | 4月の販売ランキング »

「ニュース」カテゴリの記事

「車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83895/4069831

この記事へのトラックバック一覧です: アウディ ルマンクワトロ生産化へ:

» ルマンクワトロが出る! [とってもアウディな生活]
なんと、ルマンクワトロの生産にゴーサインが出された ようだ。   参照:乗り物雑記   いよいよアウディも、フェラーリとポルシェに真っ向から勝負を 挑み、それらを食い始めようとしている!       一昔前のことだが、   「アウ... [続きを読む]

受信: 2005/05/13 21:43

« フィジケラのトラブルの件 | トップページ | 4月の販売ランキング »