« マルコ、ポールタイム出すも車検失格 | トップページ | 最高速データから見える事 »

2005/04/03

FJ1600 ゼロ秒台ならず

昨日、ニュータイヤを投入してのテストをしてきました。2セッション走りましたが、勝負ラップがかかっていたので、ピットロードでは実戦さながらに心拍数が上がってました。今回、新兵器としてP-LAP IIを購入(29400円)しました。その周のラップがすぐ手元で見れるのはメリット大です。

セッション1

アウトラップは前のクルマにあわせ、そこそこ抑えていきました。ピットから見た状態で1周目が良かったので「これはいけるかな?」と思ったと後でコーチに言われました。計測開始1周目で前のクルマを1コーナーで差し、クリアラップが取れました。1ヘア、ダンロップ、2ヘアといい感じで来たので、このくらいいけるかな?というスピードで最終コーナーに進入、それがオーバースピードで、スピンアウト、グラベルにはまって万事休す。

どうもニュータイヤ投入時は自分にプレッシャーをかけて行くのでやりすぎてしまいますね。ただ、監督からは「練習はああやって走らなくてはダメ、あれは良いコースアウト」と誉め?られ(この先は企業秘密です)、気分を立て直しました。赤旗が出たので、セッション途中でレッカーして頂き、掃除の為にガレージへ一目散にダッシュ。今回は泥だらけではなかったのでセッション2に間に合う時間で掃除を終了できました。

セッション2

プレッシャーも消え、落ち着いた気分で迎えたセッション2、いつもならコースアウト後遺症でちびったタイムしか出ないのですが、セッション終了間際に何とか1秒台を数回、ベスト1秒6まで出せました。ニュータイヤなのでもう少し出てしかるべきなのですが、やはりちょっとちびって攻め切れなかった最終コーナーと、シフターカートで汚れた路面という要因もあった(2ストが走った後はどうしても路面コンディションが落ちます)かな、と。

前回見えた課題はクリア実行出来ずでした。「1ヘアからダンロップの区間は良かった。あれなら見込みあるよ」との監督の言葉を支えに今後も頑張ります。ずうっと抱えていて、前回のテストで光明が見えたかに思えた、その課題がクリア出来ずとっても悔しいです。

|

« マルコ、ポールタイム出すも車検失格 | トップページ | 最高速データから見える事 »

「レース」カテゴリの記事

「FJ1600」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83895/3542004

この記事へのトラックバック一覧です: FJ1600 ゼロ秒台ならず:

» 服部くん支援のチーム [とりあえずモータースポーツ]
さて、服部くん(はっちゃん)がFJ1600のチームを支援する話は以前書きましたが [続きを読む]

受信: 2005/04/05 00:39

« マルコ、ポールタイム出すも車検失格 | トップページ | 最高速データから見える事 »