« FJ1600 泥まみれ | トップページ | IRL、ロジャーも松浦もアクシデント »

2005/03/06

ルノー、F1開幕戦快勝!

危なげなく(そしてほとんどTVに映らず)、フィジケラ勝っちゃいましたね。日曜の昼間にF1が見られるのっていいです。しかし、TVでも言ってましたが、今年のレギュレーションではタイヤ交換が許されない為、ドライバーが無理をしないようです。こっちはフロントを軽くロックし薄いタイヤスモークを上げながらインに鼻先を突っ込んでいく、みたいな勝負が見たいのですが、それをした時にもしタイヤにフラットスポットをつくってしまうと、そのドライバーにとってはそのレースが終りになってしまうも同然なんですね。

つまり、昨年まではピットインしてニュータイヤで追い上げるという事が可能だったのが、今年はそのタイヤで最後まで走らなければいけないということです。したがって非常に慎重に走る必要があり、どうしても「守り」に入りがちでギンギンの「攻め」はりスキー度が高すぎ、という事ですね。一発勝負してもし失敗したら、その一瞬の勝ち負けでは無くレースの負けが決まってしまう、これはキツイです。

そーすると、もしそういったリスクをしょった勝負に行って失敗した場合、今回のシュ-マッハ兄のようにもう見込み無しっ、てばかりにさっさとリタイアしてしまう輩が今後もたくさんでてくるでしょうね。タイヤにダメージを負って見込みが無くなったのでも、「エンジントラブル」と言えば次戦ではニューエンジンを使えるってわけだし。

しかし、一応2台ともポイントは取りましたがマクラーレンは存在感なかったですね。BARは今年のクルマの出来がイマイチである事を(分かっていた事ですが)露呈しましたし。ダークホースとして注目していたレッドブルがホントに早かったし。スチュワートの時速くて、フォードが来てダメになり、フォードが去った途端に速くなった・・・。フォードダメじゃん!

なんにせよ、バリチェロがキチンと2位に入った事は、F2004Mは十分に強いという事を示し、そしてそれは今回のルノーのワン、スリーフィニッシュの価値を高めてたように思います。「弱くなった」フェラーリではなく、「強い」フェラーリに勝った。今年は来ますよ~ルノー、フェラーリとのがっぷり四つが見られそうです。

今回目立たなかったウイリアムズとマクラーレンの巻き返しにも期待しましょう。

|

« FJ1600 泥まみれ | トップページ | IRL、ロジャーも松浦もアクシデント »

「レース」カテゴリの記事

「車」カテゴリの記事

「F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83895/3196750

この記事へのトラックバック一覧です: ルノー、F1開幕戦快勝!:

» オーストラリアGP 決勝 [開運ダイアリー]
オーストラリアGP決勝 フィジケラ勝利   大波乱の幕開けとなった開幕戦。蓋を開けてみれば、フィジコのポール・トゥ・ウィン。能力のあるドライバーと... [続きを読む]

受信: 2005/03/06 23:12

» BARホンダ 『作戦』の波紋 [開運ダイアリー]
やはりスルーはできなかったようです。   BAR,a win at any cost? Taking advantage,or taking t... [続きを読む]

受信: 2005/03/07 08:10

« FJ1600 泥まみれ | トップページ | IRL、ロジャーも松浦もアクシデント »