« ポルシェ パナメラ 今秋発表か | トップページ | ティーダ 3ドア? »

2005/03/18

ホンダはエンジン交換をするか?

先の開幕戦でレギュレーションの穴を付き、意図的リタイアを選択してマレーシアGPでフレッシュエンジンを使える作戦を取ったBARホンダですが、ここに来て、FIAが止むを得ないリタイアと意図的なリタイアは区別されるべきなんて言い出して、BARを牽制する動きも出始めています。

私が考えるにこれ(BARの作戦)を認めた場合、レースを完走するのは常に8台(か、8位争いをしている+1~2台、他は皆意図的リタイアをする)になってしまうので、妥当な措置であろうと思われます。いずれにせよスポーツマンシップ(なんてのがF1に存在するとしてですが)の観点からしてもBARの作戦は決して誉められたものでは無いと思います(勝つためなら何だってやるという意思は伝わってきますが)。

しかし、接触やスピン→コースアウトによる”意図的では無いがエンジンは無事”なリタイアをどう扱うかが難しいですね。この場合にエンジン交換が許されるならば、BARは今度はピットではレースを終えず、ラストラップでグラベルにコースアウトしろと指示を出す事でしょう。

となれば、レース後に全車再車検をしてエンジンが壊れたのかどうかをチェックする必要がありますね...。ダメか。そうなればBARはラストラップに意図的に本当にエンジンを壊して来るでしょう。レブリミッター辺りを解除してオーバーレブさせれば簡単にエンジンを壊せるでしょうから。2レース1エンジンはコスト削減の為のレギュレーションでしたが、これをやられては本末転倒もいいところです。

しかも、それをも防ぐ方策をも考え出したとしても、やはり「こりゃこのレースでのポイント獲得は無理だ」となった時点で早々にリタイアする(開幕ではMシューマッハ-がこれを選択)輩が出るのを阻止する事は出来ないでしょう。何故なら、走行距離を節約出来るからです。エンジン交換が許されないなら、見込みの無くなった時点でそのレースは捨て、次のレースの為にエンジンを少しでも温存しようと考えるのはしごく当たり前の事ですよね。

こうなると、完走ポイントとか、ポイントテーブルを変えてIRLなどのように下位までポイントを広げるか、とにかく完走する事が何かメリットになる事を考えないと打つ手が無いように思えますね。さてFIAはどうするか、注目です。

|

« ポルシェ パナメラ 今秋発表か | トップページ | ティーダ 3ドア? »

「レース」カテゴリの記事

「車」カテゴリの記事

「F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83895/3341405

この記事へのトラックバック一覧です: ホンダはエンジン交換をするか?:

» 2005 F1 第2戦 マレーシアGP開幕直前情報 [にこらすの徒然なるままに・・・]
いよいよ、あと1.5Hほどでフリー走行1回目が開始されます。問題のBAR2台はエンジン交換して臨むことで昨日中にチーム方針が決定されていますが、FIAの言う「正... [続きを読む]

受信: 2005/03/18 09:46

« ポルシェ パナメラ 今秋発表か | トップページ | ティーダ 3ドア? »