« トヨタ! | トップページ | Mシュー謝罪。フィジケラは? »

2005/03/21

トヨタ 2位!

トヨタ、今回は決勝でペースダウンする事なく、2位できっちり走りきってチェッカーを受けました。いや~、これは実力ついてきたんですねえ。トヨタは参戦開始後も毎年のようにドラスティックな組織、人員変更(ドライバー、テクニカルディレクター等)を行ってきましたが、功を奏した格好です。時々の決断において組織の安定よりもあくまでも結果を出す事を優先してきたのが正しかったという事ですね。トヨタのマネージメントに拍手!しつこいようですが2レース目のエンジンもノープレブレム、素晴らしい開発をしましたね。

レースはルノー、アロンソがぶっちぎりで危なげなく優勝、フィジケラはこのペースについていけず、No.1ドライバーは俺だ、とはっきりさせた格好です。フィジケラは直接の3位攻防バトルよりもアロンソと差がつく事を意識していたように思います。現状ではルノーチームがアロンソ中心に回っている事は明白で、フィジケラが今後チャンピオンを狙っていくにあたってNo.1待遇を受けられる状況に持っていけるかどうかは何よりも大事ですから。

で、結局追い詰められたフィジケラは明らかにタコ突っ張りでオーバースピードでの突っ込みを敢行し、ウエーバーを道連れにノーポイントで終えました。あれはペナルティものですね。ダメな時は冷静に引いて、ポイントを積み上げる事が大事なのですが、アロンソが開幕戦で3位を取っている事もあり、3位は譲れない線だったのでしょう。

漁夫の利で初表彰台を獲得したハイドフェルド、おめでとう。ラルフ、ウエーバーとのバトルは見ごたえがあり、地上波ではハイライトのひとつでした。フィジケラといいハイドフェルドといい、下位チームで不遇を過ごしたタレントが成果を出すのは喜ばしい事です。(ただし、ハイドフェルドにしてもウエーバーに勝たないといけない苦しい立場は変わってませんが)

さて、予選に続いて醜態をさらしたホンダ、壊すために新エンジン積んだ訳?壊すのはラストラップじゃなかったっけ。スタート直後のバトンは良いペースでポイント圏内はいけるかな、と思わせてくれましたが、2台そろって5周ももたずエンジンブロー。言い訳の余地無しですね。予選での最高速データを見ても、攻めたエンジンを造って来てパワーは出したぞ、という状況でも無いようです。

フェラーリについてはコメント無し。早くF2005を投入して、フロントに戻ってきてくれ。ドライバーが皆口を揃えてMシューが現役の間にチャンピオンを取りたいとコメントしているように、強いフェラーリを打ち負かしてこそ、その勝利が価値あるものになるので。

それにしてもトヨタ、あなどってました。ごめんなさい。ただし、ルノーについていくにはもう一歩進化が必要なようです。ルノーとトヨタの開発競争、そして王者Mシューがいつ上がってくるか、あたりが注目ポイントになってきました。レッドブルは今回もしっかり2台入賞、今後はメーカー系ワークスがマシンを進化させてくるのにどこまでついて行けるかがポイントになりそうです。

|

« トヨタ! | トップページ | Mシュー謝罪。フィジケラは? »

「レース」カテゴリの記事

「車」カテゴリの記事

「F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83895/3377126

この記事へのトラックバック一覧です: トヨタ 2位!:

« トヨタ! | トップページ | Mシュー謝罪。フィジケラは? »